« グリマーズ連のぶの泥ラジオ。大相撲秋場所~24日ライブ意気込み | トップページ | グリマーズ連のぶの泥ラジオ。3年目の浮気 »

2014年9月27日 (土)

Jリーグを観に行く

Pa0_0475_4
NACK5スタジアム。

^--

いろんな偶然が重なって、

サッカー観戦は苦手、と自認する私が、

なぜか、Jリーグの試合を観てきました。

はじめに言ってしまうと、

サッカーは生で観ると、けっこうおもしろかったです。

^--

ふつうテレビで観るような、ヨコからの眺めではなく、

タテからサッカーを観ていると、

目指すゴールへと、大宮アルディージャの選手がこっちにぐんぐん向かってくる感じが、野生的で良い。

なんだろう、

「おら!来い!来い!」「打てぇ~!」と気持ちがノッていく。

^--

実際、ゴールにボールが入っていく瞬間は、

ゆめみたいで、

なんか、ぽわぽわぽわ~ん、としている。

^--

生だから、

もちろん、今のゴールをもういちど振り返りましょう、なんてこともできず、

いまの瞬間は、なんだったんだ?とぼんやりしている。

ゆめみたいだ。

^--

^--

後半は、コートが変わるから、

1点リードを守る、ゴール前の大宮アルディージャの選手たち、をみることになる。

守備の最終ラインをどのように上げ下げしているのか、

そこに、清水エスパルス、破壊力あふれる大型FWノヴァコビッチ選手がいかにぶち破り、

同じく清水エスパルス、キレッキレの動きをみせるFW大前選手がいかに切れ込んでくるのか、

攻防に、はっきりいって、私はどきどきした。

^--

^--

いい選手は、いいところにいる。

相手も味方もいない、いいスペースをもっている。

サッカーを現場で観ていると、それがよくわかる。

いいところにいるためには、いいところに動いていかなければならない。

あたりまえだけど。

よく走るとか、急に予想外のヘンな動きをしていくとか、

いいところにいるための努力やセンスが必要なんだろうな、とおもった。

^--

^--

気になったのは、

なんか、みんな、応援しすぎじゃない?ってこと。

試合中、歌ってる場合じゃないだろう、とおもう場面がいっぱいあった。

もっとじっくりと選手の動きを見ていないと、

選手からしたら、ほんとうに声援を送ってほしいタイミングで、

なんか全然関係のない歌を歌っている、みたいなことが起こっている。

^--

ブラジルW杯、日本代表の惨敗に対して、

「これからはサポーターもがんばろう、」みたいな話があったけど、

もっと歌おう、叫ぼう、応援しよう、という意味ではなく、

「もうちょっと黙って、じっくりとサッカーをみようよ」ということじゃないの?とおもったりした。

^--

会場は盛り上がってる。けど、なんのために、なんの応援をしてるか、よくわからない応援を延々としてるよりも、

ほんとうにピンチのときに「がんばれ!」と声援を送り、

いいプレーをした時に、スタジアムがすかさずちゃんと「おぉ!」と反応するくらいの方が、

選手はうれしいのではないだろうか。

^--

(のぶ)

« グリマーズ連のぶの泥ラジオ。大相撲秋場所~24日ライブ意気込み | トップページ | グリマーズ連のぶの泥ラジオ。3年目の浮気 »

のぶ記」カテゴリの記事