« Jリーグを観に行く | トップページ | 男子マラソン川内優輝選手 追いつくはおもしろい »

2014年9月30日 (火)

グリマーズ連のぶの泥ラジオ。3年目の浮気

Pa0_0524
らちゃん。

^--

マカロンちゃんと浮気をしたのか。

私はたぶん、マカロンちゃんのことしか眼中になかった。

マカロンちゃんが抱きついてくるのに身を任せ、マカロンちゃんの体を撫ぜ、マカロンちゃんと見つめあい、

「はぁ~、マカロンちゃん、かわいい」とググッとおもった。溺れた。

^--

^--

結局、一番の相手と、こころでつながりつづけているならば、

浮気行為は、救いようがある、というか、究極的にはたいしたことじゃない、とすら私はおもう。

なにをしようが、しょせんは戯れ、あそび、である。

^--

厄介なことになってくるのは、

ある時間、「一番の相手」を完全に忘れてしまったことであって、溺れたことであって、

こころのつながりが切れたこと、

一番の相手が一番じゃなくなっている時間が、ぽかっと、できたことをどう考えていくのか、というもんだいだ。

^--

私は帰る。

のらちゃんに「ごめん、ごめん。のらちゃんが好きに決まってるじゃん」と抱きしめる。でも、

のらちゃんのことを完全に忘れていた自分を知っているから、

のらちゃんが遠くなっている。

遠いとか。それも私が勝手に感じているだけかもしれない。

でも、遠いのだ。

^--

のらちゃんに謝ることで済むのではない。

のらちゃんをどんなときも意識しつづけているとき、浮気もんだいは、おのずと解決している。

愛することは自然にうまれてくる。そして、

なぜか愛は「一番の相手」を設定するものである。

のらちゃんを忘れてはいけない。とおもう。

^--

なぜ、きみは一番なのか。

なぜ、きみを忘れてはいけないのか。

愛は自然であり、意志であり、問いかけであり、

義務に決まってるじゃないか

だから、結婚は義務なのだ。

私は、何言ってるんだろう?

^--

のらちゃんがうちにきて、3年目に突入しました。

ケーキでお祝い。

のらちゃん、だいすき。

^--

「一生、全力でおまもりします」

皇太子殿下のプロポーズは最高だ。

^--

^--

こんな私に、

結婚式があり、披露宴があるならば、やはりこの曲で堂々入場したい。

聴きましょう。ビーチボーイズ「素敵じゃないか」(素敵な和訳あり)

http://www.youtube.com/watch?v=SnQZBQSHKR0

ほんと名曲。すばらしい、すばらしい、すばらしすぎる。

^--

「なにいってんの。カエラちゃんの『バタフライ』に決まってんじゃん。」

そんなばかなことを言うお嫁さんだったら、どうしよう。

私は、こんな名曲を、ビーチボーイズを、あきらめるのだ!

なに言ってんだか。

^--

(のぶ)

« Jリーグを観に行く | トップページ | 男子マラソン川内優輝選手 追いつくはおもしろい »

のぶ記」カテゴリの記事