« ぜんぶ、私が悪いんだ | トップページ | ANATAKIKOUのワンマンライブに行く »

2014年11月 8日 (土)

羽生結弦選手からネクストステージについてかんがえる

男子フィギュア、中国大会。

羽生結弦選手がアスリートとして、

あたらしい、ネクストステージに入りました。

^--

^--

ソチ五輪で、

女子モーグル。上村愛子選手がアツい走りで、でもメダルを獲れなかった、でも、ものすごい感動した、とき、

「あぁ、上村はネクストステージに入ったな、」とおもいました。

^--

女子フィギュア。浅田真央選手がショートプログラムで悲惨なことになってしまって、その次の日のフリーを完璧にまとめたとき、ものすごい感動して、もうメダルなんかどうでもよくって、

「あぁ、真央ちゃんはネクストステージに入ったな」とおもいました。

^--

大相撲。大関・琴欧洲が、怪我つづきで、優勝を狙うような一番一番の緊張感はなくなっていたけど、

たまに、立ち合い、ものすごい突進で、そのまま相手を土俵外にぶっ飛ばすとき(通称:電車道)、ものすごい。

「あぁ、これはいいものみたな、」とおもい、ネクストステージに入ってた。

^--

^--

「ネクストステージに入った」って、なんだよ?

その選手がそれまで築きあげたもの、私たちも「そういうもの」として見守ってきたものを

全部チャラにして、

別の価値観の支配する領域に入っていこうとする、という感じでしょうか。

^--

上へ上へ。もっと上へ目指し続け、第一線で戦うことが求められていて、

第一線から降りた途端、その選手の生命は終わる、くらいの

強いプレッシャーがかかり続けている状態。

そこにファンも巻き込まれているから、

絶対に負けられないたたかいがつづいていることを、ファンとして意識し続けています。

^--

それが、あるきっかけを境に、

まったく別の価値観が支配する領域に入っていく。

いままで、絶対負けられない、最高のレベルでたたかう、と固く信じていたものが、どこかへ行ってしまって、

あたらしい価値観の中で、

私たちはまったく予想もしなかった感動をしたりしている。

^--

^--

中国大会、6分間練習の再開。

羽生くんがスピンやジャンプの回転する姿を観ていて、

「あぁ、もう脳がダメになってしまうのではないか」という心配をしました。

と同時に、

「もう、羽生くんは覚悟を決めて、別の領域に入っていったのだ」とおもいました。

^--

「勝つ、連覇する、ということよりも、

もっと大きな価値がある領域に入っていきたい、」

ふらっふらで滑り続ける羽生くんは、まるでそのタイミングを待っていたかのようにさえ、みえました。

^--

勝つこと、勝ち続けることよりも、

生きざまの方により大きい価値を置く。

羽生くんが、自分から、すすんで、別のステージに入って行きます。

なんでこんなことになっちゃったんだろう。

ただ。私はググッと引き込まれ、おもわず、うるうるきた。

羽生くんは危険だ。危険な男だ。

^--

^--

勝つ、勝ち続ける、上へ上へ、ということの価値観から、

もっともっと自由になりたいとおもいます。

男子マラソンの川内優輝選手の走りっぷりとか、観ていると、

勝つことは「ギフト」みたいなもので、

大事なのは、そのたたかいっぷりにあるとおもうし、

でも、それが生やさしいものであるわけがないのは、言うまでもない。

川内くんのゴール後のくたばり具合は、ほんとおもしろい。

^--

(のぶ)

« ぜんぶ、私が悪いんだ | トップページ | ANATAKIKOUのワンマンライブに行く »

のぶ記」カテゴリの記事