« あの男はなんだったんだ? | トップページ | NHK紅白 出演者発表の日、かんがえる »

2014年11月27日 (木)

日本バスケットボール協会のゴタゴタについてかんがえる

私はとにかく、

バスケット女子日本代表がリオ五輪の予選に出られない、

そんな事態が絶対にないようにしてほしい、と言いたい。

^--

日本バスケットボール協会のゴタゴタ、

ニュース記事 「バスケ男女五輪予選に出場できなくなる恐れ」http://news.nifty.com/cs/sports/athleticdetail/yomiuri-20141126-50143/1.htm

男たちは、なにやってんだ。

女子日本代表が大事だ。

女子日本代表をなんとかして守らないといけない。

^--

男たちのゴタゴタに付き合わされて、

女子代表が五輪予選に出られないなんて、ありえない。

ロンドン五輪、世界最終予選で私も泣きました。

あれから2年。スーパープレイヤーの渡嘉敷来夢選手が大活躍です。

間宮選手がいて、そして頼れる主将、大神選手がいる。

女子代表にタレントがそろってきた。マンガみたいだ。

たぶん、リオ五輪の予選を女子代表は勝ちあがれるでしょう。

^--

なぜ、男たちはゴタゴタを収められないのだろう。

企業の利益を優先することと、地域密着を理想とすること、

これらはほんとうに共存できないのか。

「結局バスケットボールが好きである」ということが、問題にかかわるすべての男たちで、まとまっていけないのか。

^--

「物事はそんなに簡単じゃないんだ、」という男がいたら、

問題を難しくしているのは何なのか、女子たちに明らかにして、

もう、女子たちに、この問題を丸投げしてほしい。

きっと女子たちなら、すべてうまくまとめるだろう。

^--

「ばかやろう!そんなことができるか、シロートが!」という男には、

女子代表の主将、大神選手から、

女子代表がリオ五輪予選に出られないことが、いかにひどいことか、

メディアに公開した場で説明してもらうと、

大神選手の誇り高い姿に、その男は恥をかくことになるから、一刻もはやく、そうしてほしい。

^--

「おとうさん、なんとかしてください」と、その男の家族も言うだろう。

どんどん恥の意識が強くなって、いよいよ男のプライドをかなぐり捨て、問題解決にうごきだす。

なんだ。結局、男のプライドみたいな問題かよ。

そういうことなんじゃないかな、と私なんかはおもうのだが。

まちがってたら、ごめんなさい。

^--

(のぶ)

« あの男はなんだったんだ? | トップページ | NHK紅白 出演者発表の日、かんがえる »

のぶ記」カテゴリの記事