« いま、五木ひろしがすごい! | トップページ | 羽生結弦選手からネクストステージについてかんがえる »

2014年11月 5日 (水)

ぜんぶ、私が悪いんだ

夢を見ました。

山形で、駐車をしていて、シートを倒して、休んでいる。

フロントガラスから太陽がまぶしくて、目を細めている。

開けた窓から、草の葉っぱをちぎって、投げ捨てている。

^--

そこに、ツナギの作業服を着た男が近寄ってきて、

「おい、こどもが怖がっているじゃないか。あやまれよ」と私に迫ってくる。

なんだなんだ、とひとがあつまってきて、

男はいよいよ、調子づいて、「あやまれよ」と言う。

^--

私は、なんでいきなり因縁をつけられているのか、

この男はあたまがおかしいのだろう、とおもっているが、

こどもを探すけれど、

こどものすがたは何処にもない。

^--

男はさらに勢いづいて、「こどもにあやまれよ」と脅すが、

こどもなんて何処にもいない。

何に対して謝るのか、私が何をやったというのか、ぜんぜんわからない。

^--

なにに対して謝るべきなんだろうか、わからない。

こどもは何処にもいない。

そのうち、なぜか、「この男に謝りたい、」とおもう。

謝りたい。

全部、私が悪いんだ、と謝りたい。

^--

^--

(のぶ)

« いま、五木ひろしがすごい! | トップページ | 羽生結弦選手からネクストステージについてかんがえる »

のぶ記」カテゴリの記事