« クリスマスを過ごす | トップページ | お年玉をもらう »

2014年12月27日 (土)

新聞を読んで笑う

Pa0_0627

森の中から、のらちゃん。

^--

「国民の生活が第一」という党名がすごい、

という話を、以前このブログでもしましたが、

生活の党の、今度のネーミングが、ヤバすぎます。

^--

「生活の党と山本太郎となかまたち」

こういう名前を、

ひとりのあたまのなかで、おもいつき、

「よし、それでいきましょう!」と賛同する人間がいる

そんなおとなたちが世の中にいるのだ、ということを

私はもっと信じるべきで、

^--

つまり、

私たちはあまりに常識・慣習にとらわれ過ぎている。

「そ、それはないでしょう。」と、ふつうはおもう。

「生活の党と山本太郎となかまたち」なんていう

(めんどくさいから、はっきりいってしまうと、)

「ふざけた名前」を、政党名として、ほんとうにつけてしまう、

センスというか、勢いというか、ノリが、

「あり、なんだ!」と私はもっと知るべきだ。

^--

なんで、こんな自由なネーミングが実現するのだろう。

私はうらやましい。

政治とか大人とか、そういう枠を軽く飛び越えて、

「生活の党と山本太郎となかまたち」には、

森から、小人とか動物とか妖精が、

出てきそうなワールド。

^--

「生活の党と山本太郎となかまたち」

ここには「詩」がある。

ほんとかよ。

いや、私はほんとうに、このネーミングの自由さにあこがれる。

もう、なんでもいいんじゃん。

そんな感じです。

^--

(のぶ)

« クリスマスを過ごす | トップページ | お年玉をもらう »

のぶ記」カテゴリの記事