« 女子バレー 上尾メディックスがアツい! | トップページ | 皇居のなか、乾通り 秋の一般公開に行く »

2014年12月 3日 (水)

新しい国立競技場について、かんがえる

Pa0_0824
表参道イルミネーション。

^--

ポール・マッカートニーの『NEW』という曲は、ほんとにいい曲だとおもう。

ポールマッカートニー 『NEW』 https://www.youtube.com/watch?v=kfjndKl7lEg

2013年、最新の曲でありながら、

ビートルズ時代から今まで、ポールの曲のなかでも、かなり上位に位置する曲なのではないか。

めんどくさいから詳しくは説明しないが、

ビートルズ中期の『リボルバー』あたりの似たような曲よりも良い曲だとおもうし、

後期『アビーロード』のなかに入っていても、名曲として今も聴き継がれていた、とおもう。

^--

ビートルズのときのポールの曲こそがやっぱり最高で、それは結局超えられないよね、というのが、世の中の正直なところだとはおもう。

てか、そんなのはポールに限った話ではなく、

一度、金字塔を打ち立てたものは、それを超えるものはもうつくりだせない。そういうことになっている。

^--

この『NEW』のプロデュースは、マーク・ロンソンがやっている、ということを最近になって私は知った。

このひとは、エイミー・ワインハウスの一連の作品プロデュースで有名で、

めんどくさいので、ものすごく簡潔に言ってしまうと、

「いい時代の音楽」を現代にちゃんと再現する、というプロデュースを行う人だと私はおもっていて、

「だから、NEWはいい曲なのか。」と改めておもった。

^--

^--  

神宮外苑で紅葉まっさかりの銀杏並木を見て、国立競技場をながめる。

外苑周辺を歩くのは、神宮球場までプロ野球を観にいってた中学生の頃から、やっぱり好きだ。

「東京だなあ、」という感じがして、気分がアガる。いまだに全然飽きない。

あたらしい国立競技場が、今の高さより、もっともっと高くなるらしいことに、私は反対である。

神宮球場からJR千駄ヶ谷駅へと歩いていく途中の、国立競技場東側の日陰部分は、今でも十分寒々しい。

神宮外苑は、これ以上自然を減らすべきではない。てか、今以上に緑地の部分を広げて、増やしていったら、もっと魅力が増すだろう。

なんで、あたらしくしようとするとき、自然を減らしちゃうことを「仕方ないこと、」としてしまうのだろう。

なんで、あたらしくしようとするとき、自然をむしろ増やそう、という発想にならないのだろう。

^--

^--

代々木第二体育館でバドミントンを観た帰り、イルミネーションがはじまっている表参道を歩く。

「今年のイルミネーションは去年よりなんかあんまりきれいじゃないな、」とおもうのは、たぶん私のこころのもちようか。

「なんか、ちがう。なんか、ちがう。」とおもいながら、トイレを借りに表参道ヒルズへ入る。

^--

むかし、表参道ヒルズが出来ていくとき、建築家があれこれ持論を語っていて、

「ほう。そうか。なるほど。」と私は感心していたが、

で、私ははじめて表参道ヒルズに入ったとき、私は、「え?」と、がっかりした。

なんか、郊外の、安っぽいショッピングモールみたいじゃないか、とおもった。

そのときのおもいは、今も変わらない。

^--

表参道の同潤会アパートの並ぶさまは、かっこよかった。

そのなかのおしゃれな店に入る、入りにくさ。そのかっこよさ。

なぜ、あのかっこよさをそのまま引き継ぎ、「あたらしくつくる」ことができなかったのだろう。

つまり、あのアパートを何棟もつくりなおせばよかったんじゃない?、と私はおもう。

国立競技場だって、あたらしく「同じもの」をつくればいいんじゃないの?、と私はおもう。

そんなことはできない。

同じものをもういちどつくるなんて、そんなばかみたいなことできない。そこに発展も進歩もないじゃないか。

か?

^--

^--

マーク・ロンソンのプロデュースは、なぜ良い方向に向かうのだろう。

なぜ、ただの「昔の焼き直し、」にとどまらず、今でも通用する良いものが出来、

「古臭い」と一蹴されず、今のひとたちに受け入れられる「フレッシュさ」があるのだろう。

^--

もう、表参道ヒルズは手遅れだけど、

あたらしい国立競技場はまだ間に合うので、なんとかしてほしいです。

あたらしいものをつくるとは、そんなに作り変えなきゃいけないものなのか。

いい時代のものを引き継ぐ、ということは、そんなに新味のないパッとしないことなのでしょうか。

まちがってたら、ごめんなさい。

^--

(のぶ)

« 女子バレー 上尾メディックスがアツい! | トップページ | 皇居のなか、乾通り 秋の一般公開に行く »

のぶ記」カテゴリの記事