« 高倉健の映画を観る | トップページ | マッサンの「ハイランドケルト」を探す »

2015年1月14日 (水)

伊勢丹メンズ館のセールに行く

伊勢丹メンズ館のセールに行ってきました。

とはいえ。

買い物に行った、ではなく、

私の場合は、「見学に行ってきた」ことになります。

^--

私はおしゃれではありませんが、最近、妙に「いいもの」に興味があります。

ふだんはおっかなくって、なかなか立ち寄れない、高級なブランドの店舗に、

セールのどさくさにまぎれて、ささささっと入り込みます。

^--

ほんと、高い服は、生地も良いし、縫製も丁寧、凝った造りも緻密に出来ていて、いいなあ。

最新のデザインに触れると、おどろきが素直にかんじられて、

「へえ~、いま、こういうことになってんだ、」と感心します。

^--

^--

この日の伊勢丹には、

どこからやってきたのか、ってくらいの「男おしゃれさん」が大勢集っていて、

おしゃれ自慢、かぶいたお客さんたちを見てるだけでも、華やかでおもしろい。

なかには、ふつうな私から見たら、おしゃれすぎて、へんてこな格好になってるひともいたりして、

おしゃれは奥が深いよ。

^--

^--

コムデギャルソンの店舗に、

知的障害者のおしゃれさんが買い物をしていて、びっくりした。

こういうひとでも、ここまでおしゃれしたいひとがいるんだなあ、と感心しました

^--

けど。

ハイファッションを扱うお店として、知的障害者を相手に商売するのは、どういう感じなんだろう?

私は少し気になって、そばにいって、彼と店員のやりとりを私は聞いていたが、

知的障害を持つ彼の言ってることは聴き取りづらいし、

もしかしたら、店員もリアルにどのような接客をしたらいいのか、まだ態度を決めかねている感じで、

わかるよ。でも、むしろ、

知的障害者のお客さんに、手厚く接客するほうが、

最終的には、パンクで、かっこいいんじゃないかなあ、と私はおもった。

まちがってたら、ごめんなさい。

^--

^--

ところで。あの知的障害者の彼は、金持ってんだなあ、と。

「いいもの」は高いよ。

私は、とことん、見学です。

ああ。

^--

(のぶ)

^--

追記 (1月23日付)

あのときのことが、なんかずっと気になってて、試しに

「コムデギャルソン」「知的障害者」で検索してみたら、

こんなページが出てきた。

http://www.fashion-headline.com/article/2014/01/07/4663.html

川久保氏、アウトサイダーアートに注目。

なるほど、そういうことだったんですね。

« 高倉健の映画を観る | トップページ | マッサンの「ハイランドケルト」を探す »

のぶ記」カテゴリの記事