« 秋葉原を歩く | トップページ | 伊勢丹メンズ館のセールに行く »

2015年1月10日 (土)

高倉健の映画を観る

追悼、高倉健ということで、

テレビで何作か主演映画を観ました。

^--

^--

『幸せの黄色いハンカチ』。

高倉健が、炭鉱町の生協スーパーマーケットで、

レジを打つ倍賞千恵子に

「あんたは、奥さんですか?」と思い切って訊き、

倍賞千恵子が未婚のおんなだってことがわかって、

「イけるのか?イけるのか?」と、うきうきして店を後にするシーンは、

私は歳をとるごとに、

CGでつくった宇宙戦争の映画などよりも、

夢のある話だなあ、とかおもったりする。

^--

この映画のクライマックスのシーン、

黄色いハンカチが竿いっぱいにはためいている、

桃井かおりが「ゆぅうさん、みてぇえ」みたいなこと言って、

カメラが、ギュゥゥンと、性急にズームアップ、

あのズームアップは、いつみても、ドラマチックというより、

はや暴力的で、

私はいつも置いてけぼりの気分になる。

^--

^--

『鉄道員(ぽっぽや)』。

この大ヒット映画は、このたび初めて、観ました。

こ、こ、これは…。

ああ。何も言えません。ノーコメント!

^--

^--

歳をとるごとに、私は、

若い頃の父親の顔にそっくりだと、親戚から言われる。

そんな父親は、『あなたへ』の高倉健にそっくりである。

^--

高倉健の遺作となった『あなたへ』を観ていたら、

父親を見ているようで、なんか、おかしかった。

ときおり、びっくりするくらい、似ているショットがある。

すると、私はこれから、健さんのような顔になっていくのだろうか??

^--

とりあえず。

私が10代の頃買って、ほんと、たまたま持っていた

英国バラクーダ社のスウィングトップ

(『あなたへ』の中で健さんがずっと着ている服)を着て、

^--

「ありがとう…。」(『あなたへ』の名セリフ)

と、つぶやいてみる。

『あなたへ』の健さんごっこ。

いまのところ、私は健さんに全然、似てないです。

^--

(のぶ)

« 秋葉原を歩く | トップページ | 伊勢丹メンズ館のセールに行く »

のぶ記」カテゴリの記事