« 黒豆を煮る | トップページ | 山崎を飲む »

2015年1月 3日 (土)

除夜の鐘を撞く

大晦日。除夜の鐘を撞きに行きました。

行列に並んでいるあいだ、

鐘を撞いて、何をお願いする? あれこれかんがえていくと、

万事が満たされない私には、

お願いしたいことがありすぎる!

^--

行列がすすみ、鐘を撞く番がじわじわ近づいてくる、

ひとりの持ち時間は少ないようだ。長大な願い事はできそうにない。

何を願うか。ああどうしよう。

もう何が何だか分からなくなってきてしまって、

寒風の中、一時間ほど並び、とうとう、自分が鐘を撞く番がやってきて、

どうするんだどうするんだ。

階段をのぼっていくと、

^--

ふと。

「この鐘を良い音で鳴らしたい、」とおもう。

いかに鐘を撞くか、身体の動きだけに集中して、

除夜の鐘を撞く

ごーん。

^--

(のぶ)

« 黒豆を煮る | トップページ | 山崎を飲む »

のぶ記」カテゴリの記事