« マッサンのはじめてつくったウイスキーを飲む | トップページ | 大塚家具の騒動に惹かれる »

2015年2月26日 (木)

アードベッグを飲む

夜も深まり、

今夜も、スコッチウイスキー「アードベッグ 10年」を飲みます。

口にした瞬間、「け。けむりくさっ!」

あまりにもすごくて、今夜も、わらっちゃう。

^--

ほんと、これは、すごいウイスキーだ。

口にした瞬間、わらっちゃう。

飲んだ後しばらくずっと、口の中が煙くさい。たき火。灰。

ヘンな体験です。

^--

^--

(ここから村上春樹の文章の引用です。)

いちばんワイルドな「アードベッグ」はいかにも個性的で魅力的だが、

毎日こればかり飲んでいたら、あるいはいささか疲れるかもしれない。

(…)

(聖地アイラ島の蒸溜所のウイスキーには…)

どの酒にもそれぞれの生き方があり、哲学があるのだろうという気がする。

どのメーカーも「まあ、だいたいこのへんでいいだろう」というような安逸な考え方をしてはいない。

横並びではなく、それぞれが自分の依って立つべき場所を選びとり、死守している。

それぞれの蒸溜所には、それぞれの蒸溜のレシピがある。

レシピとは要するに生き方である。

何をとり、何を捨てるかという価値基準のようなものである。

何かを捨てないものには、何もとれない。

^--

と、村上春樹は言う。

(「もし僕らのことばがウイスキーであったなら」からの引用)

^--

^--

ウイスキーひとつで、ずいぶん、大げさな話になってますが、

アードベッグをひとくち飲めば、そうも言いたくなってくる、のはわかります。

それに、私は、ウイスキー通になりたいわけではなく、

『マッサン』を観ながら、1月からずっと

音楽のはなしをしているのです。

ほんとかよ。

^--

^--

^--

ゴダールを観て、銀座で、

三越、松屋、と百貨店の洋酒売り場へ行くと、

プレミアムなウイスキー(ハイランドパーク 40年 30万円くらい)があったりして、見てるだけでもおもしろい。

そこに、スコッチウイスキー輸入業者のチラシがあって、持ち帰る。

^--

いろいろ種類がありすぎるスコッチウイスキー選び。

その参考にと、

ウイスキーの味と香りが、どのような感じかが、チラシには記されてある。

^--

たとえば、こんな感じ。

「ロングロウ」

香り  バニラカスタード、スモーク、ハーブ、芳醇な果実

味   クリーミー、バニラトフィー、リンゴ、薬品、ホタテの浜焼き

^--

「ロングロウ 18年」

香り  アンズ、グレープフルーツ、ビワ、海、バタースコッチ

味   チェリー、ラズベリー、アンズ、燃えさし、塩、バニラワッフル

^--

「ロングロウ レッド」

香り  葡萄、プラム、浜辺のバーベキュー、スモークチーズ

味   ピートスモーク、ドライサマーフルーツ、ピーチ、タンニン

^--

^--

なんといっても、目に付くのが、

「ホタテの浜焼き」「浜辺のバーベキュー」です。

こうなると、もはや「詩」みたいです。

^--

香り、味が、どういうものかを伝えたいから、

それに置き換わるもので喩えるわけだけど、

そうとしか言いようがないとしても、

「海。」と言い切っちゃうのが、すごい。(潮の香り、じゃなく)

豪快だけど、イメージが奥深く、どこまでもつづく。

海って、なんだ。

^--

^--

以前、山形で、銘酒「十四代」を飲ませてもらったとき、

あまりにもうまくて、おもわず、

「水みたいだ。」と私は言ったが、

だったら、水を飲んでればいい、というわけではない。

^--

はっさくの皮をむいたら、柑橘系の香りがふわっと漂い、

「あ、山崎の香りみたいだ」とおもったから、

私にとって、はっさくという、特に甘みもない、酸っぱいだけの果物は、とくに好んで食べるものでもなかったが、

はっさくは、けっこう上質なウイスキーの香りなのかもしれないとおもうと、

ふしぎと、私は急に、はっさくがおいしい、とおもえるようになった。

^--

大晦日の鐘撞きにいったとき、焚き火があって、暖をとったが、

これからはきっと、ああいう場に居合わせたとき、

「あ。アードベッグだ。」とおもうのだろう。

^--

^--

音楽とは全然関係ないところから、突然、直結につながっていく、

そういう音楽をつくれたらいいなあ、とおもう。

^--

(のぶ)

« マッサンのはじめてつくったウイスキーを飲む | トップページ | 大塚家具の騒動に惹かれる »

のぶ記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257221/59074947

この記事へのトラックバック一覧です: アードベッグを飲む:

« マッサンのはじめてつくったウイスキーを飲む | トップページ | 大塚家具の騒動に惹かれる »