« ニコニコ動画で女子バレーボール中継を観る(観ない) | トップページ | のらちゃんがきゃんと吠える »

2015年2月 4日 (水)

ゴダールの新作『さらば、愛の言葉よ』を観る

銀座で。

ゴダール監督の最新作

『さらば、愛の言葉よ』を観てきました。

^--

80歳過ぎて、ゴダールの新作は、3D映画です。

私も3Dめがねをかけて、

枯葉の浮く、透き通った水面に、おんなの手が、すうっと、はいっていく映像を観て、

「きれいだなあ、ゴダールはすごいなあ、」とちょっと感動した。

^--

で。映画の感想がこれ。

なにそれ? 信じられない話です。

さすが、ゴダール。

^--

話の筋は、不倫のおんなとおとこの話だったようにおもいますが、

後半は、うとうと、私は眠ってしまったので、

結局、ストーリーはなにがなんだかわかりませんでした。

まあ、ストーリーなんて、たぶん、別にどうでもよいのは、

ゴダール好きなら、いつものことで、

^--

船の到着するシーンとか、金網に指をかけるシーンとか、枯葉が水面に浮くシーンとか、

そういうゴダールならではの映像を、3Dで観れたから、もういいや、と私はおもったから、眠くなったのか。

よく寝たなあ。気持ちよかった。

まったく。何しに、映画館にまで行っているのか。

^--

^--

3Dはおもしろいね、あらためてそうおもう。

モノがモノとしての存在感をいっそう増しているので、

画面上のモノをみることがいちいちおもしろいです。

不倫の男女の話よりも、水面に浮く枯葉のほうが印象に残るって、なんなんだ。

ヘンな映画です。すごいです。

^--

^--

うちにかえって、

前売り券のチケットを見返してみたら、

「枯葉が浮く水面におんなの手」のシーンが印刷されていました。

そうか、やっぱり、あれがいちばんのシーンだったんだなあ。

^--

(のぶ)

« ニコニコ動画で女子バレーボール中継を観る(観ない) | トップページ | のらちゃんがきゃんと吠える »

のぶ記」カテゴリの記事