« ゴダールの新作『さらば、愛の言葉よ』を観る | トップページ | 佐藤 信のソロライブ »

2015年2月 6日 (金)

のらちゃんがきゃんと吠える

1
のらちゃん雪の上。

^--

雪の上の撮影に協力してくれたのらちゃんに

ごほうびのにぼしをあげようと、

にぼしを手のひらで細かく砕いていたら、

^--

ふと。急に、

音楽のことをあれこれ考えはじめてしまって、

あれやこれや、ああでもない、こうでもない、かんがえる。

^--

たとえば。

中森明菜の新曲がEDMだったことについて、

あれはどういうことなんだろう?かんがえる。

紅白ではじめて聴いたときは、にやにや笑うしかなかったが

先日、タワレコ試聴でヘッドホンかけて大音量で聴いたら、

はっきりいって、しびれた。

「やべ。かっこいいじゃん!」とちょっと感動した。

中森明菜 新曲 『Rojo-Tierra-』 http://www.universal-music.co.jp/nakamori-akina/news/2015/01/21

(でも、1分半手前で飽きてきたけど。)

^--

新しい試み、

というのは、なんてむずかしいことなんだろう。

じゃあ、明菜はどうすればよかったのか。

大人っぽくジャジーにまとめて、NYCからお届けすれば、

私たちは満足したのか。(そうじゃないだろう)

^--

ただ。

いまどき、何でも、EDMにすればいい、ってもんじゃない。

一見「かたち」はあたらしくなるけれど、

私たちは「かたち」だけで音楽を聴くわけじゃない。

ちゃんと、EDMというかたちの奥で何が鳴っているか、聞き分けているものである。

^--

♪わたしたちは、ひとりじゃない~♪

と明菜はキメをうたう。

このキメがどれだけ私たちに届くか、が勝負なのだとおもう。

となると、EDMというかたちは、装置に

^--

きゃん!

のらちゃんが吠える。

いつまで、にぼしを砕いてるんだ。はやく食べさせろ、

かんがえてばっかり、いるんじゃない!バカのぶが!

^--^

^--^

というわけで、ソロライブします。

実際、ライブが決まると、

かんがえてばっかりいては、いられない。

でも。マッサンを尊敬するいまの私は、どちらかというと、

「自分の理想とするウイスキーつくり」という方向性でいきます。

^--

(のぶ)

^--

「佐藤 信」のソロライブ

2月10日(火)

新宿レッドクロス 19:00~(出演1番目)

« ゴダールの新作『さらば、愛の言葉よ』を観る | トップページ | 佐藤 信のソロライブ »

のぶ記」カテゴリの記事