« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月25日 (土)

逗子まで行ってくる または秋元康にけんかを売る

なんか、うちに帰りたくないなあ、とおもい、

反対方向の電車に乗ってしまいます。

行きの電車で、新曲のアイデアがぽつぽつ浮かんできたのが、いい感じだったので、

やっぱり電車に揺られるのはいい、とおもう。まあ、

のらちゃんもいないし、このまま帰らなくたって、どうだっていいのだ。

いいのか。

^--

ちょうど来た電車は、逗子行きで、

これならどうせ、逗子~久里浜、三浦半島で行き停まるから、安心である。

これが東海道本線につながる小田原行きだったりすると、

そのまま、熱海~沼津~静岡~浜松~名古屋~京都~大阪~岡山~広島~

^--

ホーボーか!

(ホーボー:戦前アメリカで無賃乗車で列車を乗り継ぎ、旅して暮らす無法者たちのこと)

「だって、つながっちゃうから、」

そんな理由だけで、どこまでも行ってしまいそうな自分が、ちょっと危ない。危険すぎる。

^--

ホーボーといえば、

映画『北国の帝王』である。

列車タダ乗りに挑むホーボー(北国の帝王)と、タダ乗りを暴力で阻止しようとする鬼車掌、

タダ乗りをめぐる、汗臭い男たちの世界である。

^--

これを観るたびに、なんでこんなしょーもない題材が一本の映画になるんだろう、と感心する。

これが低予算のB級映画ではないところがすばらしい。

リー・マーヴィンとアーネスト・ボーグナイン、アクの強い名優ふたりに、監督はロバート・オルドリッチ。ちゃんとした映画なのだ。

でも、タダ乗りって。映画の題材として、しょーもなさすぎる。すばらしい。

^--

なんでこんな題材を?という話は、

^--

最近、なぜか急に思いついて、

米国の女性フォーク歌手ギリアン・ウェルチの『オーファンガール』(1996)を聴き直す。

『オーファンガール』という曲の歌詞で歌われる、

孤児の女の子

ギリアンさんは、なんでこんな題材をうたってるんだろう。

私は何年もずっと、創作の意味がわからないし、共感なんてしたこともない。

^--

^--

あ。

のらちゃんだ。

『オーファンガール』。孤児の女の子。この曲は、のらちゃんのことなんだ。

うおもった瞬間、この曲がすごい。

^--

ギリアン・ウェルチさんがどんな意図で、孤児の女の子をうたう気になったのかは、わからないけど、

20年後の2015年、とつぜん、サイタマ・ジャパンにいる私が、

この曲を聴いては、のらちゃんをおもって、涙を流している。

共感している。

Gillian Welch [orphan girl live] https://www.youtube.com/watch?v=e7wTLQdT5NU

^--

Orphan Girl

私には母も
父も 姉妹も
兄弟もいません
私は孤児の女の子です

私は友情に恵まれました
それは純粋で素晴らしいものでした
けれども親族の絆というものを
私は知りません

私は母も
父も 姉妹も
兄弟も知りません
私は孤児の女の子です

でも いつか主に呼ばれたら
私はきっと
家族に会うでしょう
主の聖餐で

私は母と
父と 姉妹と
兄弟に会い
孤児の女の子でなくなります

清き救世主よ
どうかお導きください
私と共にお歩きください
家族と会うその日まで

私の母に
父に 姉妹に
兄弟になってください
私は孤児の女の子です

^--

すごい歌詞です。また泣いちゃった。

のらちゃんをあいした私のためにギリアンウェルチさんが、

のらちゃんを悼むうたを歌ってくれている。

^--

うたはふしぎだ。いろんなことを飛び越える。

だから。「これはだれかに共感してもらえるのか?」なんて、もう気にしない。

共感ばっかり目指さない。「おれはこれが言いたくてしょうがない、」ってことを最優先させます。

「聴くひとが共感しやすい歌詞を書きましょう。」

そんな、大作詞家・秋元康にけんか売ってくのだ。

^--

どうせ負ける?

「出る前に負けること考えるバカいるかよ?」 猪木

https://www.youtube.com/watch?v=d17c_E7OhMM

^--

(のぶ)

2015年7月23日 (木)

新宿の街を歩く

ふと。新宿で友人に連絡してみると、

友人もちょうど新宿にいる、という。

すごい偶然だなあ、駅周辺で待ち合わせて、

しかし友人はこれからライブに行く、とのことで、

会場の、歌舞伎町は新宿ロフトまで、いっしょにだらだら歩く。

^--

暑くじめじめした夕暮れで、

コマ劇場跡につくられた、でっかいビルの足元で、

明日が土用の丑の日とのことで、屋台でうな肝の串焼きを買って、コンビニでビールを買って、ふたりで飲む。

暑くじめじめした夕暮れは、おいしい。

^--

「しっかし、いいバンドって、いないな~」と友人は言う。

その友人が言うのだから、ほんとにいないのだろう。

私もそうおもう。

「バンドオブグリマーズはいいバンドだとおもう」と友人は言う。

その友人が言うのだから、ほんとにそうなのだろう。

私もそうおもう。

あんないい曲ばかり持ってるバンドはそういない。

^--

^--

ところで。しらないうちに、

かまボイラー清水さんが『武州オンザロード』を再びカバーしていて、

今度のは、エレキギターとドラムで、ジョンスペ&ビースティボーイズ、とのこと。おもろい。

みなさま、ぜひ聴いてみて下さい。

http://sadamizu.seesaa.net/

どこまでも行くな~。かっこよい。かっこよいよ。

清水さんは自由だな~、とおもう。

^--

^--

友人は、アップルの音楽配信サービスの話などする。

私なりに、月額1000円で聴き・録り放題の音楽環境を想像してみる。

要るかなあ? 私はめんどくさい環境が好きなのだ。ばかみたいだけど。

^--

「最近は、アイルランド音楽とかエグイのばっかり聴いてる」と私は言う。

1950年代に北アイルランドでフィールドレコーディングされた、

土地のおじいちゃん、おばあちゃんや季節労働者が

昔から伝わるうたを無伴奏でうたってる、ラフな音源。

こういうのが、「いい音楽」なのかは、よくわからないけど、

今の私にとっては、なんかいちばんエネルギーが吸収できる滋養強壮音楽なのだ。

^--

^--

「そろそろ行かなくては、」と言う友人を新宿ロフトの入り口階段で見送る。

なつかしい入り口。

私が新宿ロフトに出演しなくなって、久しい。

私がここでライブすることはもうないんじゃないか、とおもう。

なんというか、今度はここではない違う道のりをたどって、フジロックとかに行く気がする。

強がり。負け惜しみ。

まあ、「違う道のり」とか、そういうことを言うガッツだけはある。

とにかく、圧倒的でなければいけませんな。

^--

ひとり、歌舞伎町をあるく。

「おっぱいぱぶ、いか~すか~。おっぱいぱぶ、おっぱいぱぶ、」と小声で地味につぶやく、

暗闇から男の発する「おっぱいぱぶ」の響きが、なんともかわいらしくって、いい。

おっぱいぱぶって、こんなにかわいいんだ、とおもった。

^--

しかし、なぜ私は客引きに誘われないんだろう。

やくざにでもみえるのか、それとも、ゲイにでもみえるのか。

ふしぎでしょうがなかった。

あ。

カネなさそうに、みえるからか!(これ書いてる今、気づいた)

ううむ。ばれてるのか。

^--

(のぶ)

2015年7月14日 (火)

血を抜かれながら泣く または大塚家具の前で泣く

病院で、

採血することになって、

おれ、血を抜いたことってあったっけ?

針が刺されるんだ。ちょっと緊張する。

^--

注射の針が刺される。

チクッ。痛い。痛いけど、先日の歯科医での、ド派手な痛みの記憶がまだ私には残っているから、

あれに比べたら、全然ヨユー。たいした痛みではない。

でも。痛いって、いちいち、こころに負荷というか、ストレスはかかる。

^--

父親のことをおもいだす。

病室で毎日、腕に針を刺されて、あれやこれや。

「あの看護婦、刺すのヘタなんだよな、ったく…。」

ちゃんと小言も言いながら、腕に針を刺した跡がいっぱいあった。

あのときはまったくわからなかったけど、

毎日毎日、こういう地味なストレスを朝から経験しながら、父は大変だったなあ、とおもった。

^--

刺された針から、つぅーっと、血が抜かれていく。

こういうの、前にやったのいつだっけ?思い出せない。

注射のなかに、あまり鮮やかではない赤で、私の血が溜まっていくのを見ている。

ふと。

のらちゃんだ

^--

のらちゃんの最後の日。

朝一番で病院に連れて行って、検査をしてもらった。

原因をはっきりさせたい、ということで、採血をし、検査をすることになった。

のらちゃんがんばれ、診察室から私は出て行く、

のらちゃんは獣医さんの腕に抱かれ、私のほうを見ていたか。

^--

^--

のらちゃん、こんなことしたんだ…

そうおもった瞬間、泣いた。

急に目に涙がじわーっと溢れてきて、おわおわしてきて、涙がぽたっと落ちる。

^--

いい大人が、採血されて、痛くて泣いているみたいで、ばかみたい。

看護婦さんも、「もうちょっとですからね~」なんて言って、私を気遣ってくれるが、

「採血くらいで、このひとはなぜ、号泣手前まで来てるんだろう? きもちわるい。

てか、あたし、そんなにヘンな採血してる?」と、

看護婦さんも、ちょっと動揺してるかもしれない。

^--

^--

大塚家具の前を歩いていて、久美子社長のことをかんがえていたら、

ふと。

あの朝は、ああするより他に選択肢はなかったんだ。とおもった。

らふらののらちゃんを、そのまま、何も分からず何も手を打たず、うちでただ見守る、なんて、

なにがなんでも、絶対出来なかった。

^--

そうおもったことは、少し私の気を楽にさせてくれた。

でも、それは私の勘違いだったのだ。

^--

^--

(のぶ)

2015年7月11日 (土)

古豪野球部 夏の終わりをテレビで観る

わが地元、古豪野球部の夏がはじまりました!

^--

一回戦敗退。0-1

大会二日目。早すぎる夏の終わり。

^--

^--

6回表 古豪野球部の攻撃

満塁のチャンスがあって、それを活かせなかった。

で。

6回裏の守備のあたりから、

「おまえら、全員、しぬぞ」と、ふと、テレビの前の私はおもう。

まだ7,8,9と、3回攻撃のチャンスはあるとおもうから、

ナインははつらつとしているけど、

確実に、死の気配はただよってきてる、

^--

8回裏、1アウト、2アウト、3アウトをとり、

守備が終わったとき、

「いままでずっと練習してきた、ゴロやフライの捕球、守備練習の成果を発揮することも、

たったいま、なくなったのだぞ、」と私はグラウンドの球児たちに伝えたい。

^--

9回表に一点返せなければ、試合は終わり。

負けているチームは最後、ヘッドスライディングしたり三振したり、打てなくて終わるわけだが、

それよりも少し前の、守備の終わりを迎えた瞬間が、私にはいつでもグッとくる。

泥だらけ、守備練習こそ、がんばった思い出だろうから。

かれらは、もう二度と守備することはないのだ。

^--

去年の夏も、そんなことをおもったように記憶している

私にとって、高校野球観戦の醍醐味は、

「おまえら、全員、しぬぞ」なのである。

ことばはじつに悪いが、じつに本質を突いている。

^--

負けた瞬間、もう試合後のクールダウン目的のキャッチボールやストレッチなんか必要ない。

現地解散。明日からの練習の予定はすべて白紙。

しんだんだから。

^--

^--

相手チームは、私立の強豪校だったはずだが、

なぜか、1番から9番まで、全員がバットを超☆短く持って、コンパクトに振る。当てにいく。

あぁ、なにやってんだよ。がっかりだ。

これがわが古豪野球部の姿じゃなくって、ほんとうによかった。(負けたけど)

^--

勝ち負けじゃない。結果じゃない。

なんというか、ひととして生きるありかた、のもんだい。

にんげんが集団として動く、そのありかたのもんだい。

せめて4番バッターくらいは、バットふつうに持つ。

こいつは危険だよ。一発あるよ。オーラ。

はったりでもいい。たとえ、はったりでもいいんだよ!

そういう人間がチームの中にいるから、チームなのではないか。

そういう人間がバンドの中にいるから、バンドなのではないか。

^--

(のぶ)

2015年7月 5日 (日)

介護老人保健施設のテレビでフラワーを観る

介護老人保健施設、というところに

親戚のお見舞いというか、ご機嫌伺いに行きまして、

私はちょっとヒマになったので、

施設利用者の団らんルームみたいな大部屋で、

私ひとり、お年寄りに混じって、テレビを観ていました。

^--

テレビの歌番組では、ちょうど

女の子7人組ダンス&ボーカルユニット「フラワー」がうたっていて

兄貴分のエグザイルみたいに、

ボーカルが、airy(エアリー?)にR&Bを歌い、

女の子たちがふわふわ踊る。

^--

それを超・後期高齢者の方々(計10人)が、じーっと観ている。

それぞれに痴呆があるのか、ないのか、よくわからない。

誰もが無表情で、何も言わず、身体を揺らすこともなく、じっとテレビを観ている。

フラワーの音楽だけが部屋に響いている。

^--

近くの部屋から、

「あぁ。あぁ。あぁ。あぁ。」

というおじいさんのうめき声がきこえる。

施設で働くフィリピン系の女性が、その部屋に入って行く。

^--

ひとのうんこのにおいがしてきた。

私のそばに座る誰かが、うんこもらしたとおもう

え?え?と動揺してるのは私だけ。

じゃあ、気のせいかもしれない。(もちろん、気のせいじゃない)

^--

フラワーは歌い、踊る。

10人のお年寄りたちが、テレビをじっと観ている。

女性R&B歌手、クリスタル・ケイも登場。

フラワーとのコラボがはじまる。

女子R&B、ゆめの競演だ。

^--

「おかあさーん!おかあさーん!」と声がする。

私はトイレに行く途中、北向きの薄暗い部屋をのぞくと、

100歳は超えてそうな、おじいさんがベットで横になって

「おかあさーん!おかあさーん!」。寝言ではない。何度も言うから。

^--

「おかあさん、なんだ。」とおもう。

100歳を超えてそうなおじいさんの、おかあさん。

^--

壁に貼ってあるポスター、

「今月のスペシャルメニュー」の料理写真をみていると、

残念ながら、あまりおいしそうではない。

模造紙に、いろ紙や太いマジックペンで飾り立てしている、手作り感いっぱいのポスター、小学校みたいだ。

こういう施設が、えてして、小学校みたいなノリになっていくのはなぜだろう。

手作り感に「ほんわか」「あたたかみ」を感じるより、

私はかなしみでいっぱいになるのはなぜだろう。

^--

テレビではフラワーが歌っている。

フラワー『ブルースカイブルー』youtube https://www.youtube.com/watch?v=tBa0uKBuUFk

ずいぶん長い時間、フラワーのステージがつづいてる。

クリスタル・ケイは、凛としていて、ちょっとビヨンセみたい。ひとりきりの強さがある。

10人の超・後期高齢者たちは、じっとテレビを観ている。

私はフラワーを聴きながら、新曲の歌詞について、かんがえている。

^--

^--

テレビの歌番組は、いったんニュースを挟み、そこで

トンガを訪問した皇太子ご夫妻のニュースがはじまったら、

10人のお年寄りたちが急に少し前のめりになったのが、

すごい。

^--

(のぶ)

2015年7月 4日 (土)

のらちゃんの奇跡に出逢う

^--

のらちゃんがいなくなって、ちょうど三ヶ月たった日、

のらちゃんとよく歩いた林のなかをひとり、ジョギングしていたら、

い、ぬ?

林の中に、犬が一匹いる。

自由に走り回ってる。

^--

「え? え?」

どきどきする。

私は、なにかに試されているのか?

^--

飼い主が追いかけてくるだろう

と、しばらく待っていたが、来ない。

一応、首輪はしてるが、たぶん捨てられた。

茶色いトイプードルのオスで、まだ小さい。子供だとおもう。

おびえた感じで、私のほうをちらちら見る。

^--

「きみは、のらちゃん、なのか?」

映画じゃあるまいし。ばかみたいだけど。

林には誰もいないから、ほんとうに口に出して、そう言ってみる。ばかみたいだけど。

子犬 「ううん、ちがうよ。ぼくは、のらちゃんじゃないよ」

というのは、もちろん私の声である。ばかみたいだけど

私は、直感として、そうおもう。

^--

林といっても、ちょっと行くと車道がある、

「そっちはあぶないから、こっちおいで、」と誘導してあげる。

まだ、どきどきしている。

私は、なにかに試されているのだ、とおもう。

^--

車道から離れたところまで誘導してきたが、

子犬は、ちらちら私をうかがいながら、私におびえているのは変わらず、

ついには、私から離れていった。逃げていった。

私は追うべきか。すこし迷ったが、やめた。

この林にいれば、きっとすぐ、犬の散歩している誰かに助けてもらえるだろう。

^--

^--

のらちゃんに会いたいよ~

奇跡が起きないか、そうおもってる。

浴室の曇りガラスの向こうに一瞬、白い影がみえたのは、

洗濯機の上に置いといたバスタオルが落ちたのだった。

^--

深夜、

廊下の暗がりに、のらちゃんがあらわれたら

私は恐いわけない。

奇跡が起きたと、戦慄して、喜ぶだろう。

^--

そういう奇跡は起きない。そうおもう。

もし、のらちゃんの奇跡が起きるとしたら、

白が茶色になり、

マルチーズがトイプードルになり、と

のらちゃんとは、少しずつ、ズレたかたちであらわれてくる

そんな気がしてきた。

^--

「茶色いトイプードル」と「林の中で出逢う」は、わかりやすいほうで、

今後、のらちゃんの奇跡は、もっとわかりにくいこととして起きるかもしれない。

どんどんズレていって、

もはや、関係ないことになってるかもしれない。

^--

「関係ないんじゃ、ダメじゃん。のらちゃんとは関係ないんだから」

そうは思わない。

奇跡は、「関係」なんか飛び越えるんじゃないかなあ、とおもってる。

よくわかんないけど。

^--

(のぶ)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »