« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月23日 (金)

黒沢清監督『岸辺の旅』を観る

^--

映画館で

黒沢清監督の最新作『岸辺の旅』を観てきました。

なんか、すばらしかったです。

^--

3年前に失踪し、死んだ浅野忠信が、

妻の深津絵里のもとへ帰ってくる、という話なんですが、

深津絵里が視線をふっと向けると、

死んだはずの浅野忠信は、ごく自然に、そこにいる。

^--

死んだのらちゃんは、こうして、私の前にとつぜんあらわれる

そうおもって、涙がぽたぽた出てきた。

死んだはずののらちゃんが、ごく自然に、そこにいる。

あぁ、なんてすばらしいんだろう。とおもう。

^--

浅野忠信は、とつぜん、いなくなる。

「はっ? いない!」

その喪失感・絶望感といったら、ものすごい。

深津絵里は、「消えないで、」と強く願う。

消えてしまうことに、ずっと緊張して、おびえている。

^--

深津絵里のきもちがとてもわかる。

そりゃ、つらいよ。私は涙がだあだあ流れる。

でもまた、浅野忠信は、ごく自然に、そこにいる。

「あぁ。いる。」

それがどんなにうれしいことか。

あぁ、よかったなあ、と、私はぼろぼろ涙を流す。

^--

^--

なんといっても、

浅野忠信のあらわれかた、がいい。

「すっ」と、あらわれる。

視線を向けると、そこにいる、のだ。

^--

映画が終わり、映画館の階段を上がり、

靖国通りの歩道で、私が視線をふっと向けると

のらちゃんがそこにいる。

いないけど。私の視線の動きに、可能性をかんじる。

涙があふれてとまらない。

^--

私が、視線をふっと向ける。そうすることで、のらちゃんがそこにいる。(いない)

また、別のほうにふっと視線を向ける。のらちゃんはそこにいる。(いない)

こりゃ、だめだ。まともに街を歩けない。

映画館の向かい側に花園神社があったので、

境内にはいっていって、突っ立ったまま、いっぱい泣いた。

^--

^--

私のいま見えている視界の死角(いま見えていないもの)、

視界の外側、すぐそばにあるもの、が気になる。可能性をかんじている。

私がふっと視線を向けると、

そこにのらちゃんがちょこんとすわっていて、こっちをみている。

あぁ、のらちゃんは、なんてかわいいんだろう。

^--

^--

(のぶ)

2015年10月17日 (土)

サッサン、新宿ロフトに行く

^--

無料のイベントがある、しかもそこに「クリトリックリス」も出る、

というので、「どれ、ちょっと行ってみようかな、」とおもい

歌舞伎町、新宿ロフトに行ってきました。

^--

^--

あぁ、久しぶりだなあ、新宿ロフト。

入り口の階段を下りながら、

開店前、リハーサルをするためにギターや機材をいっぱいもって、

この階段をせわしく下りていった私たちのことをかんがえる。

同じ階段を下りて行く私。今の私。

遠い昔のことだ。

^--

^--

新宿ロフトで、私たちは、いっぱいいい思いをさせてもらった。

お世話になった方々。感謝しても、し切れない。

だからだろうか、新宿ロフトには、苦い思い出のほうが強い。

「期待に応えられなかった苦い思い。」

いろいろあるけど、一言で言うとそういうことになる。

だからほんとは私は、新宿ロフトに気軽に足を運ぶことも憚れるところだ。

「おまえなんか、もう、だれも気にしちゃいねーよ、」

そういうもんだいじゃない。

まだゆめをもってる私の生き方のもんだいだ。

^--

^--

いろいろなバンドがライブをしている。

私はそれを観ている。そして、

先日観たスレイヤーのライブがいかに良かったか、いまさらながらおもう。

「スレイヤー、すげえライブだったんだな、」

あれこそ、プロで、圧倒的で、ほんものだ。

^--

この日、クリトリックリスだけは、よかった。すばらしい。

「ライス&ライス!」

クリトリックリス『ライス&ライス』 youtube https://www.youtube.com/watch?v=FrbeNrPGP-A

時間に余裕がある人は、ぜひ『ライス&ライス』観てみてください。

すごい歌詞です。すばらしい。

あれこそ、プロで、圧倒的で、ほんものだ。

^--

^--

私は音楽に何を期待しているのだろう。

私には私のやることがあるはずだ。

てか。はやく、やれよ。

^--

^--

(のぶ)

2015年10月15日 (木)

サッサン、クラシックゲームをやりまくる

Pa0_0495_4
パックマン。うつくしい画面。

^--

「あそぶ!ゲーム展」というのが、

県南にあたらしくできたミュージアムでやっているのを

新聞で、たまたま知り、行ってみました。

^--

^--

この展覧会、ヤバイ。ヤバすぎます。

入るなり、デジタルゲーム創生期、50~70年代、アメリカのマシンたちが並び、超クール!

奥へ進むと、70年代アメリカ製の白黒画面のアーケードゲーム機がでてきます。

え、ぜんぶやっていいの? ただで? マジ?

小学生たちのうらやましそうな視線を浴び、

(彼らは社会科見学中のため、見学のみ。一切ゲームを出来ないらしい。ひっどい教育!)

おとなのサッサン、まずは「ブロック崩し」からプレイスタート!

^--

ブロック崩し。あぁ!おもしろい。おもしろすぎる。

「ビッ」「ポッ」 クラシックなデジタル音に、うっとり。

か、こんな調子で全ゲーム感想やってたら、ブログ終わらないので、大分はしょって、

次の部屋の「スペースインベーダー」へ!

おぉ!マジか。スペースインベーダーは、テーブル型じゃん!シブい!

^--

^--

私のゆめのひとつに、お金持ちになって、

むかしのゲームセンターにあったテーブル型のゲーム機を、別荘のおしゃれな部屋に置く

夏はそのテーブルで、冷たいアイスコーヒーとか飲む

お客が来たら、そのテーブルでもてなす

気の向くまま、70~80年代クラシックゲームが出来る

あぁ!

というゆめがあります。

^--

注:

ゲームセンターであそべるアーケードゲーム機は、

音質、画像、スティックとボタン、すべてにおいて、

ファミコンやその後のテレビゲーム機とは、ぜんぜん別物です。まったく違うものなのです。

(したがって、ゲームに向かう心持さえ、変わってきます)

とくに音質がすばらしい。こころに響いてくる音です。

^--

^--

「パックマン」もテーブル型で置いてある。

テーブル型のアーケードゲーム機はほんとうに、シブい。

IDC大塚家具が、おしゃれなテーブル商品として

『パックマン』アーケード機の完全復刻版を取り扱ったら、けっこう売れるんじゃないか。

^--

80年代ゲームコーナー。

あぁ、ゆめ。ゆめすぎる。

『ドンキーコング』(任天堂)

『クレイジークライマー』(日本物産)

『スクランブル』(コナミ)

『ラリーX』(ナムコ)…

これ、ぜんぶ、ただでやっていいの? ありえないでしょ。

ゆめだ。ぜったいゆめだ。TDL超えた!

^--

きわめつけは、『ディグダグ』。(土を掘って岩を落としモンスターをつぶすゲーム)

これは私のもっとも得意とするゲームであり、

ちょっとほかのゲームとは思い入れがちがうのです。

久しぶりで腕は鈍っていたけど、この日のハイスコアを大幅に更新しました。

^--

それにしても。

『ギャラクシアン』『パックマン』『ラリーX』『ディグダグ』

ナムコ社のアーケードゲーム機のクオリティの高さ。

ナムコの画面の、ぬくもりのある、やさしい色合い。

スペシャルフラッグの黄色、パックマンのパワークッキーの黄色。

ナムコの画面の「黄色」はみてるだけで気持ちよい。そして、

あぁ、この音!これこそ、ナムコの音です。

アーケード機は、響きがちがうんだよな。うっとりします。

^--

^--

「やべえ、やべえ、」言いながら、無我夢中。(ほんと私の口から何度も出てた)

「すみません、そろそろ閉館です、」

スタッフの方にとめられるまで、クラシックゲームやりまくり。

デジタルゲームの歴史とかを学べたはずなんだけど、資料は全部スルー。

ゆめすぎて。なんかもう、私は気が狂っていたかもしれない。

会場を出てから、しばらくぼおっとして、放心していました。

また行こう。

こんどはもうちょっと歴史資料を見学します。

や、ムリだろうな。またクラシックゲームやりまくっちゃうんだ。きっと。

^--

^--

(のぶ)

2015年10月13日 (火)

ラグビーW杯を観る 吉木りさとテレビ中継のこと

ラグビーのW杯。

^--

NHK BSの日本代表の試合中継では、

ラグビー観戦ゲストとして、グラビアアイドルの吉木りささんが出演しています。

私は彼女のこと(声とか顔とか)、けっこう、きらいじゃないのですが、

「なんといっても、五郎丸選手のペナルティゴールに注目しています!」

という試合前のコメントには、ちょっとがっかり。

「いやいや、もっと注目すべきことがあるだろう、」とじれったい。

^--

今回のラグビーW杯で、なんといっても、魅力的なのは

日本代表チームが、のこり5メートルのところから、モールでごりごり押し込むさまにあるとおもうし、

そんなフォワード陣のなかでも、とくに、

背番号4番のトンプソン選手のはたらきに、グッときます。

^--

もし、吉木りささんのコメントが

「わたしはトンプソン選手に注目しています。

誰よりも先に相手にぶつかっていく、トンプソン選手を尊敬します!」とか言ったら、

彼女のきもちが突き刺さってきて

「マジか。吉木りさって、なんて、いい子なんだろう!」とおもう。

^--

^--

4番トンプソン選手

彼はニュージランド人で、巨大な白人で、一見どうみたって「日本人」ではないのですが、

日本チームのだれよりも先に、相手に向かって激しくアタックしていく、その役割を全うする姿は、

なんてすばらしい選手なんだろう、感動的だ。

^-^

トンプソン選手の献身は、にんげんとして最高レベルのところにある。

彼こそまさしく日本チームのためにおのれをささげる、日本代表選手であり、

国籍、人種、宗教、すべてを超越した、「ひとりのラガーマン」であり、

にんげんが世界の平和を実現するとは、こういうことかもしれないな、とまでおもいます。

^--

^--

ところで、

ラグビーW杯、南アフリカ戦は初戦で深夜でもなかったのに、民放で生中継しなかったのは、なぜなんだろう。

「南ア相手じゃあ、どうせ大敗するから」

民放テレビ局がそうおもっていたからではないのかなあ、と、ついおもってしまいます。

まちがってたら、ごめんなさい。

^--

私はNHK BSで、生ですべて観て、感動して、泣いてたから、いいんだけど、

民放は、なんというか、「賭けに負けた」んじゃないか。

スポーツ史に残る感動の瞬間を放映できなかった

放映の決断に踏み切れなかった(周りを説得できなかった)民放テレビ局の責任者は、

日本代表を信じられず、賭けに負けたのだ、としみじみおもう。

まちがってたら、ごめんなさい。

^--

まあ、「誰から見ても無謀な決断」をしていくには、勇気が要ります。

南アとの試合で、「おそらく圧倒的大差をつけられるだろう、」といった判断こそ、

たしかな情報に基づいた、まともな判断であったでしょう。

^--

誰が見ても「無謀な決断」へ飛び込み、そして

「賭けに勝つ」ことができるのは、

NHKのような、「そこに試合があるから、」というきわめて事務的な思考か、

「おれはこれがすきなんだ、」という、ばかみたいな気持ちだけでしょう。

^--

^--

まさに。?

猪木「出る前に負けることかんがえるバカいるかよ、」というわけです。

猪木と坂口 「出る前に負けること考えるバカいるかよ、」 https://www.youtube.com/watch?v=OgopmA7PhiM

事務的に(坂口)、ばかみたいに(猪木)、がんばりましょう!

^--

^--

(のぶ)

2015年10月 9日 (金)

やっちゃえ!サッサン! スレイヤーのライブを観に行く

Pa0_0501_4
新木場スタジオコースト。

^--

いろんな偶然や理由が重なって、

なぜか私が、スラッシュメタルのバンド、

スレイヤーのライブを観てきました。

生きていると、いろんなことが起こります。

^--

^--

もやもやしたところから抜け出すには、

ばかみたいに圧倒的なものに触れること。

「てか、いまスレイヤー来日してんじゃん!」

エレクトリックな爆音を、ライブで身体中に浴びる

いまの私にはスレイヤーが必要、絶対スレイヤーがいい、そうしよう、

というわけで

決して安くはないチケットを当日券で買いましたが、

帰り道

なんか自分のかんがえはちょっと安易だったな、とおもいました。

^--

^--

バスバスバスバス、連打する2つのバスドラムが、私の内臓にまで響き、

ブーーーーーーン、ベースの開放弦が建物を震わせている

スラッシュメタル本家の低音は、過剰なまでにすさまじい。

^--

で。

音の洪水を浴び、それで私は鳥肌が立ったのか

というとそうでもなく、

この日のライブで、私が唯一、鳥肌が立ったのは、

代表曲『エンジェル・オブ・デス』のイントロ部分であり、

結局、私が良いと思うキメの瞬間、鳥肌は立つ。

スレイヤー『エンジェル・オブ・デス』和訳入り https://www.youtube.com/watch?v=CP7WErhtjWk

^--

^--

いまでもおもうのは、

ディランのライブでかんじた「感動が身体を貫く」といったような、鋭い鳥肌体験です。

あれはなんだったんだろう。

スレイヤーはいいバンドだし、けっこうポップだし、

みなぎる凶暴さは、おしゃれだともおもう。(スレイヤー観に来たおれ、のかっこよさ)

でも、私にはどうも、スレイヤーのライブで、鳥肌ざわざわっ、ビビビっ!とこなかった。

^--

^--

アメリカ海兵隊みたいな屈強の白人、

刺青いっぱい入った兄さん、 

メタルが大好きなメタルファン、 

そんなひとたちに囲まれて、激しいモッシュに突き飛ばされ、

「スレイヤーはポップだなあ、」とぼんやりかんじている

私はなんでこんなところにいるんだろう。 

私は音楽に何を期待しているのだろう。

^--

^--

(のぶ)

2015年10月 2日 (金)

サッサン、高校野球オヤジになる

Pa0_0413_2
秋の終わり。古豪野球部(右)。伝統の美しいお辞儀

^--

高校野球秋季大会。

2年生中心の新チームです。

わが古豪野球部、なんと県大会ベスト8まできた。

ベスト8のうち、公立校はわが古豪野球部一校のみ。

今年のチームは期待していいのかな。

^--

雨がじゃんじゃん降って、ときおり強い風も吹き、

試合時間が大幅に遅れて、ナイターになり、寒くなりと、

タフな野球観戦になりましたが、

それでもバックネット裏には、高校野球オヤジが集い、

熱い視線を送るのです。

^--

私は、まだ年少組のほうであり、

まだまだ「高校野球オヤジ」の域には達していないと思っていました。

ところが

^--

ヒット!

二塁からランナーが三塁を回って、ホームへ!

球場も、「わーっ!」と盛り上がります。

も、三塁コーチャーが「ストップ!ストップ!」の指示。

「ばぁか!まわせよ!、(な)にやってんだよ!」

と私が叫んだとき、

なぜか球場の音がふっと途切れて、

「ばぁか!まわせよ!」と叫ぶ、

私の声だけが球場に、とびきり響く。

^--

三塁コーチャーを一生懸命務める、補欠20番くん(高校生)に向かっての、

「ばぁか!まわせよ!」は、

口汚いヤジとして球場に響いた。

^--

「ずいぶん、ひでぇこと言うやつだ。」

まわりのひとたちの視線を、ビンビンかんじる。

「あ、おれは、たったいま、口汚い高校野球オヤジになったんだな、」

そう直感した。

^--

だれでも、なりたくってオヤジになるわけじゃない。

なんで、あの一瞬間だけ、球場が静まり、

私の声だけが響いたのか?

ふしぎすぎる。

^--

^--

(のぶ)

2015年10月 1日 (木)

バドミントンのヨネックスオープン2015に行く

Pa0_0433
バドもだんだんおしゃれに? 照明演出。東京体育館

^--

バドミントンのヨネックスオープンで、

私の応援している女子ダブルス、松尾静香・内藤真実ペアが、

準々決勝で、韓国ペアとのフルセットの激闘を制したこと、

^--

そのたたかいが、いかにすさまじいものだったか。

歓喜「わー!」、落胆「はぁ~~」、大きなどよめき。

さいごは東京体育館がひとつになってた。

^--

何往復も、延々とつづくラリー。

ひとつひとつのプレイに、強い緊張がみなぎります。

約90分にも及ぶ、あんなすごい試合を観ることができて、

私はいままで松尾・内藤ペアを地味に応援してきて、

ほんとうに良かったとおもいました。

^--

^--

惜しむらくは、会場の声援が、

「ニッポン!ニッポン!」という掛け声だったことです。

なにを応援してるんだか、なんかよくわからない。

「まつお!ないとう!」 往年のパナソニック応援団の音頭が懐かしい。

てか、激闘に釘付けになってた観客各々が、

「まつおさんーがんばれー!」「ないとうさんーがんばれー!」「どんまーい」「一本、いっぽーん」

思いのまま、じぶんの好き勝手に声援をおくるバドミントン文化が早くできたらいいのにな、と私はおもう。

^--

ゲーム最終盤、展開すごすぎて、

おもわず「ないとう!がんばれ!」とか叫びそうになる。

あぶないあぶない。

(叫んでるのが私だけでは、さすがにキモいでしょう。)

私が有名なミュージシャンとかだったらいいのにね。まったく。

^--

^--

てか。

私は歯科医の大事な予約を急遽キャンセルして、

わざわざ東京体育館まで行った甲斐がありました。

「バドミントンがあって、すみません、そちらに行けません、

松尾・内藤ペアの大事な試合なんです、」

「は?バドミントン?、松尾内藤?ペア?、大事な試合?」

歯科医の受付の女性(ちょっとかわいい)も混乱するだけです。

「きょうはどうしてもそちらに行けない急な用事ができてしまいまして、」と、妙に神妙な声で、でんわで謝りました。

^--

キャンセル理由が、バドミントンって!

リアルすぎて、シュールです。

われながら、歯医者さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

しっかし、ほんとうにナイスゲームでした。

^--

^--

(のぶ)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »