« やっちゃえ!サッサン! スレイヤーのライブを観に行く | トップページ | サッサン、クラシックゲームをやりまくる »

2015年10月13日 (火)

ラグビーW杯を観る 吉木りさとテレビ中継のこと

ラグビーのW杯。

^--

NHK BSの日本代表の試合中継では、

ラグビー観戦ゲストとして、グラビアアイドルの吉木りささんが出演しています。

私は彼女のこと(声とか顔とか)、けっこう、きらいじゃないのですが、

「なんといっても、五郎丸選手のペナルティゴールに注目しています!」

という試合前のコメントには、ちょっとがっかり。

「いやいや、もっと注目すべきことがあるだろう、」とじれったい。

^--

今回のラグビーW杯で、なんといっても、魅力的なのは

日本代表チームが、のこり5メートルのところから、モールでごりごり押し込むさまにあるとおもうし、

そんなフォワード陣のなかでも、とくに、

背番号4番のトンプソン選手のはたらきに、グッときます。

^--

もし、吉木りささんのコメントが

「わたしはトンプソン選手に注目しています。

誰よりも先に相手にぶつかっていく、トンプソン選手を尊敬します!」とか言ったら、

彼女のきもちが突き刺さってきて

「マジか。吉木りさって、なんて、いい子なんだろう!」とおもう。

^--

^--

4番トンプソン選手

彼はニュージランド人で、巨大な白人で、一見どうみたって「日本人」ではないのですが、

日本チームのだれよりも先に、相手に向かって激しくアタックしていく、その役割を全うする姿は、

なんてすばらしい選手なんだろう、感動的だ。

^-^

トンプソン選手の献身は、にんげんとして最高レベルのところにある。

彼こそまさしく日本チームのためにおのれをささげる、日本代表選手であり、

国籍、人種、宗教、すべてを超越した、「ひとりのラガーマン」であり、

にんげんが世界の平和を実現するとは、こういうことかもしれないな、とまでおもいます。

^--

^--

ところで、

ラグビーW杯、南アフリカ戦は初戦で深夜でもなかったのに、民放で生中継しなかったのは、なぜなんだろう。

「南ア相手じゃあ、どうせ大敗するから」

民放テレビ局がそうおもっていたからではないのかなあ、と、ついおもってしまいます。

まちがってたら、ごめんなさい。

^--

私はNHK BSで、生ですべて観て、感動して、泣いてたから、いいんだけど、

民放は、なんというか、「賭けに負けた」んじゃないか。

スポーツ史に残る感動の瞬間を放映できなかった

放映の決断に踏み切れなかった(周りを説得できなかった)民放テレビ局の責任者は、

日本代表を信じられず、賭けに負けたのだ、としみじみおもう。

まちがってたら、ごめんなさい。

^--

まあ、「誰から見ても無謀な決断」をしていくには、勇気が要ります。

南アとの試合で、「おそらく圧倒的大差をつけられるだろう、」といった判断こそ、

たしかな情報に基づいた、まともな判断であったでしょう。

^--

誰が見ても「無謀な決断」へ飛び込み、そして

「賭けに勝つ」ことができるのは、

NHKのような、「そこに試合があるから、」というきわめて事務的な思考か、

「おれはこれがすきなんだ、」という、ばかみたいな気持ちだけでしょう。

^--

^--

まさに。?

猪木「出る前に負けることかんがえるバカいるかよ、」というわけです。

猪木と坂口 「出る前に負けること考えるバカいるかよ、」 https://www.youtube.com/watch?v=OgopmA7PhiM

事務的に(坂口)、ばかみたいに(猪木)、がんばりましょう!

^--

^--

(のぶ)

« やっちゃえ!サッサン! スレイヤーのライブを観に行く | トップページ | サッサン、クラシックゲームをやりまくる »

のぶ記」カテゴリの記事