« やっちゃえサッサン!西表島へ行く | トップページ | やっちゃえサッサン!ケーキ屋でクラシックゲームをみつける »

2016年1月31日 (日)

やっちゃえサッサン!西表島 西部を歩く

Pa0_0503_5
ヤギちゃん。西表島 西部。

^--

イダ浜で出会った、少しさみしげでおしゃれな彼女は、今夜はこのまま集落に泊まっていくという。

「これから、どうなされるんですか?」と彼女は言う。

ううむ。どうしよう。

今夜の宿もまだ決めてないし、べつにここで泊まっていってもいい、なんでもいいのだ。

そうしたら、たぶん、イダ浜で出会った少しさみしげでおしゃれな彼女と、もっと仲良くなれるだろう。

私もここにとどまるべきか。先へ進むべきか。

^--

「いや。進もう。明日こそ波照間に行きたい。」

ふと、そうおもって、イダ浜の彼女にさよならを言い、

ふたたび船に乗り、集落をあとにした。

船に乗りながら、「う~ん、やっぱり彼女といっしょにいるべきだったかな~」とも、ねちねちおもう。

昨夜、料理屋のマスターがカウンター越しに、

「やっぱり、結局は、縁なんだよな、男と女は、」

と言った。

^--

^--

白浜港に着く。

さて、またひとりきり。これからどうするか。

次のバスまで3時間くらいある。

待たない。歩くことにした。

^--

青森、五能線の2駅、10キロを歩いたことをおもいだす。

やっぱり歩くのはたのしいな~。

周りはマングローブ林のジャングル。

空がだんだん晴れてきて、海がエメラルドグリーンになっていく。

^--

ただの県道。歩いているだけ。

マングローブ林、エメラルドグリーンの海、

ひとりぽっちのヤギ、電信柱にとまるカンムリワシ、

草むらのハブがこわい気持ち、

イリオモテヤマネコに遭遇したい気持ち、

暑くなってきた西表の強い日差し、

私の一歩一歩、

なんというか、みんなリアル。TDL超えた!

^--

なんにもないが、私はいま、なんてリアル充実しているんだろう。

リアルがあふれて、ゆめみたいだ。

そういうことって、あるよね!

^--

(のぶ)

« やっちゃえサッサン!西表島へ行く | トップページ | やっちゃえサッサン!ケーキ屋でクラシックゲームをみつける »

のぶ記」カテゴリの記事