« やっちゃえサッサン! 沖縄へ行く | トップページ | やっちゃえサッサン! 竹富島の民宿に泊まる »

2016年1月22日 (金)

やっちゃえサッサン! 竹富島で草むしりをする

Pa0_0148_3
サッサン&おじぃ。 荷台の草の量!

^--

成田から沖縄本島、

那覇から石垣島、

石垣空港からバスに乗って、港へ。

港からフェリーに乗って、

竹富島へ。

^--

やってきました、沖縄です。

エメラルドグリーンの海!

てか、暑い!

^--

^--

島の民宿に荷物を置き、

さて、島をひとめぐりしてみようか、と宿を出て、

てくてく歩き始めて2分もしないうちに

古民家の石垣の前で、おじいちゃんが草むしりをしている。

「こんにちは。」と声をかけると、

「あぁ。あなた、そこをやってください、」と言う。

「へ?」

^--

私は沖縄につくなり、いきなり、

90歳になるという、島のおじいちゃんといっしょに、

赤瓦屋根の古民家で、石垣の草むしりをしている。

^--

なにやってんだ、おれ?

すごくヘンな感じ。いい感じだ。

あ、この旅はきっといい旅になるなあ、そんな気がする。

^--

^--

おじいちゃんは自分の顔が

いかに天皇陛下に似ているか、を話していて(写真参照)、

「たしかに似てるわ!すげ~!」と私がよろこんでいると、

そこから天皇にまつわるとんでもない話をはじめる。

^--

私には、おじいちゃんの沖縄ことばが6割くらいしか理解できない。すると。

「おじいちゃんはむかし、天皇の影武者だった」

ということになる。そんなばかな!

「マジすか!」

「あぁ。そうですよ。」

果たして、会話が成り立っているのか、私にはもうよくわからない。

おじいちゃんはとにかくはなしまくる。とまらない。

^--

1月だけど、草むらには、やぶ蚊がいっぱいいて、

草も大方刈り終えたし、そろそろ話をきりあげてほしいけど、

おじいちゃんの話はとまらない。

服の上からガンガン刺されたらしく、

「え?」、ふと気がつくと、

腕が、蚊に刺された痕で赤くなっている。

さっすが、沖縄の蚊は強烈だなあ、

「マジか~!かゅ~」なんて言いながら、

私はなんかおもしろくなってくる。

そういうことって、あるよね!

^--

(のぶ)

« やっちゃえサッサン! 沖縄へ行く | トップページ | やっちゃえサッサン! 竹富島の民宿に泊まる »

のぶ記」カテゴリの記事