« やっちゃえサッサン!80年代のホテルに泊まる | トップページ | やっちゃえサッサン!西表島へ行く »

2016年1月29日 (金)

やっちゃえサッサン!石垣島で遠距離恋愛について語る

Pa0_0565_2
オリオンビール&豚バラの煮物&魚と大根の煮物 石垣島

^--

「ねえぇ、おにいさんは、どうおもいますぅ?」

背中から声をかけられて、

「う。マジか、」とおもった。

^--

カウンターに座り、料理屋のおかみさんの話す、

沖縄のお墓や葬式、法事の話に興味津々だった私だが、

先ほどから、うしろのテーブルで、

チョーシに乗った若い女と、おっさん連3人、計4人が大声で話しているのは耳に入っていて、

かかわりたくないなあ、とおもっていた。

^--

「ねえ、おにいさんっ!カウンターのおにいさんですよ~!」

若い女が、はっきりと、私にからんできた。

「遠距離恋愛をしていて、カノジョがいま会いたいと言っている。

にいさんなら、すぐに行くか?」

おっさん連のひとりが、テーブルで議題になっていることについて説明してくる。

「にいさんくらいの若い人の意見じゃなきゃ、って。

おれたちの意見じゃ、なんの参考にもならない、とかこの子が言うんだよ。」

^--

こういうときは、さっぱりと答えるに限る。にっこり笑って。

「あ、ぼくは、行きませんね。行きません。」

「うわっ。おにいさん、意外とつめた~い!ひど~い」

若い女が甘ったれた声で騒ぐ。

^--

そもそも、このチョーシ乗った女(23だといってた)が、私の好みではない。

さっきから背中越しに聞こえてきた彼女の話(恋愛観・結婚観・人生観)にも、まったく共感できなかったし、

遠距離恋愛をしている、今すぐ会いたい、来てほしい、という設定が、

一般論ではなく、このチョーシ乗った女(23)の生来的なわがままにしか聞こえてこなくって、

おまえのそんなくだらないわがままにつきあってられるか、

とおもったというのが本音である。

^--

ただ、私の答えは、沖縄のおっさん連にも動揺を与えたようで、

「のぶ、そりゃ、けっこう冷てえんじゃねえか~」

(なまえを教えたら、すぐそんな風に呼ぶ。おもしろい)

^--

「じゃあ、あれか。のぶは付き合っても、手なんか握らねえだろ?」

「いやいや、なにいってるんですか!

手を握るのはむしろ大好きですよ。手とかは大事ですよ」

「とか、ってなんだよ!のぶ、」

沖縄のおっさん連はヘンなところにこだわる。

^--

^--

そうこうしているうちに、

なぜか、このチョーシ乗った女(23)とカノジョのいないのぶをくっつけよう。という、

沖縄のおっさん連のよけいなおせっかいがはじまる。

のぶ、今夜はどこに泊まってるんだ?(答え:泥ホテル)

のぶ、明日は何をする予定なんだ?(答え:石垣島を離れ、どこかの島へ行く)

あれこれ訊いてくる。

^--

いま遠距離恋愛をこじらせているらしい、このチョーシ乗った女(23)が、

今夜これから、そして明日一日と、

「たまたま、なんの予定もない」であるらしいことは、

おっさん連をさらに勢いづかせる。

「のぶ、明日は海が荒れるから、船は出ねえぞ、ゆっくりしてけ。な?」

^--

なに、この展開?

これが沖縄スタイルなのか、よくわからないけど、

そういうことって、あるよね!(ねえか)

^--

(のぶ)

« やっちゃえサッサン!80年代のホテルに泊まる | トップページ | やっちゃえサッサン!西表島へ行く »

のぶ記」カテゴリの記事