« やっちゃえサッサン!いまやもう完全に惚れてしまっている彼女にでんわする | トップページ | ためしてガッテン!の清水ミチコに感動する »

2016年2月11日 (木)

やっちゃえサッサン!おもわずちょっと好きになりかけてた彼女と東京で会う

^--

沖縄 竹富島で、よる、ホタルをさがして歩いた

私がおもわずちょっと好きになりかけてた彼女が、

所用で東京に出てきていて、

明日のよる、ご都合どうですか?とメールしてきた。

あの夜、民宿でいっしょに「ゆんたく」した旅人たちも集まるという。

^--

すげえな。そういうことって、あるんだ。

おどろく。

その日、私にはばかみたいに労働の山があったのだが、

なんかべつにどうでもいいや、とぜんぶ投げ出す。

(翌日、かなりけっこう怒られる)

おもわずちょっと好きになりかけてた彼女に会いに行きました。

^--

^--

「お。」

おもわずちょっと好きになりかけてた彼女が、

旅先のラフな格好とちがい、「街ヴァージョン」になっている。

島では性格の良さばかりが目立っていたが、

そういえば、いいおんななのであった。

遅れてきた私は、

彼女のとなりにすわるように言われ、彼女のお酌を受ける。

^--

あいかわらずの気遣いっぷりを発揮し、

彼女は、場を、うまく和ませていく。

たいしたものだ。

私の話なんておもしろくはないので、私はほとんど聞き役である。

^--

^--

おもわずちょっと好きになりかけてた彼女の

国籍も肌の色もちがう元カレの話になって、

ゆんたく仲間のスマホで、検索で引っかかった、その元カレの画像をみんなで見る。

米ウエストコーストのラッパー、スヌープ・ドッグみたいな男前だ。こりゃ、かっこいい。

^--

「いや~、こりゃ男前だね、かっこいいや、すげ~な」

私は素直に感想を言う。

「ありがとうございます。」

妙にかしこまって、彼女はわざわざ敬語でお礼を言う。

元カレをすっかり清算できたゆえの、彼女なりのおふざけ、らしい。

^--

そのおとこの見た目は、アゲアゲだが、

彼女は決して派手な見た目ではない。どちらかといえば、おとなしい方だ。

まあでも、彼女ならば、これくらいのおとことも、ふつうに渡り合えるんだろうな、と納得。

たぶん、惚れてたのは、スヌープ・ドッグのほうなのだ。

^--

^--

居酒屋を出ると、東京の夜は寒い。

竹富島で薄着だったみんなは、スーツにコートとか羽織っていて、

まあ、ふつうの東京のひとになっている。

^--

駅の改札でハグして別れた。

は?ハグ?

おもわずちょっと好きになりかけてた彼女が、両手をひろげて私を迎え入れる。慣れたものだ。

私は、マジか。なんかすげえな、とおもいつつ、

おれの硬くて冷たい、黒革のライダースジャケットをミシミシいわせて、彼女のふんわかしたコートを抱きしめる。

ぎこちない。

おもわずちょっと好きになりかけてた彼女に笑われる。

やっぱり、手とかは大事だよな、とおもう。

そういうことって、あるよね!

^--

(のぶ)

« やっちゃえサッサン!いまやもう完全に惚れてしまっている彼女にでんわする | トップページ | ためしてガッテン!の清水ミチコに感動する »

のぶ記」カテゴリの記事