« やっちゃえサッサン!日本最南端に立つ | トップページ | やっちゃえサッサン!波照間港で彼女と別れる »

2016年2月 5日 (金)

やっちゃえサッサン!サッサン、そして恋に落ちる

Pa0_0504_4_2
八重山そば。 波照間

^--

「あ、そろそろ、星、見にいきませんか?」

彼女は淡い関西なまりで私にそう言う。私たちは

飲み屋から、星を見に、いったん外へ出る。

集落から離れていく

しばらく歩いていく、と

サトウキビ畑が広がっている。

「なんにもない」波照間の夜は、

ほんとうにまっくらだ。

^--

さっき、はじめて、同じ宿で出会い、

ご飯を食べに、ふたりで飲み屋に来た。

飲んで食べて話しているうちに、

ぐんぐんぐんぐん彼女のことが好きになっていって、

いまや、もう、私は、完全に惚れてしまっている彼女と

私は夜道を歩きながら、夜空を見上げて

「南十字星は、どれ?」なんて言いながら、

星なんて、もうどうでもいい。

^--

いまや、もう、私は完全に惚れてしまっている彼女に

ふわふわふわふわ、私は浮かれてしまっている。

まぼろしの泡盛といわれる、波照間産「泡波」も飲みすぎている。

でもやっぱり、彼女はかわいすぎる。

^--

波照間のまっくらな夜道をあるく。

どこかへ向かっている、途中。

波照間なら見えるはずの、南十字星が、私にはみえない。

まったく、信じられない。

彼女はものすごくかわいい。そして高校野球が好きだ。

なんてことだ!

そういうことって、あるよね!

^--

(のぶ)

« やっちゃえサッサン!日本最南端に立つ | トップページ | やっちゃえサッサン!波照間港で彼女と別れる »

のぶ記」カテゴリの記事