« サッサン、イバラキヘ行く 水戸 偕楽園でチョーシに乗る | トップページ | サッサン、イバラキヘ行く ひたちなか 女子バレーボールを観にいく »

2016年3月 6日 (日)

サッサン、イバラキヘ行く 水戸 ゆるキャラとあそぶ

Pa0_0533_4
サッサン&あらいっぺ

^--

水戸の偕楽園の梅まつりにあわせて、

茨城の県特産品のおまつりもやっていて、

茨城といえば、あんこう鍋。

あんこう鍋は、ほんと、おいしい。

^--

茨城のゆるキャラが5体ほど集結していて、

太平洋に面した大洗町のゆるキャラ「あらいっぺ」

レゲエのドレッドヘアーみたいな白い物体は、

大洗特産品の「しらす」をあしらったらしい。

^--

「パイレーツオブカリビアンのタコ船長」的な「しらす」なのかは知りませんが、ともあれ

たぶん、これを考え、作ったひとたちの、

「なんか、すごくね?ヤバいっしょ~!」と、ふざけている現場が想像できる。たのしそう。

^--

で。私たちも、

「うっ。こりゃ、ヤバイな、」とおもう。

白いの、ちっちゃい目がいっぱいでこわいし。けど、

全体として、私たちにはもう、「あり。」な存在だ。

それがふしぎ。

^--

私は「日本人の誇り」みたいなものにはほとんど興味がないにんげんですが、

ゆるキャラの進化をどこまでもゆるしていく

巨大しらすのドレッドヘアーをかわいいに巻き込んでいく

私たちの感覚みたいなものは、けっこうすごいかもなあ、とおもいます。

^--

^--

こうして、あらためて写真を見ると、

なかにひとがいるなんて、信じられない。

「あらいっぺ」は、ひとつの生きものになってる。

優れたゆるキャラは、現実・リアルを超えていて、いつもすごい。

なかにひとがいるなんて信じられない、ということ自体が

ばかみたいで、すごい。

^--

(のぶ)

« サッサン、イバラキヘ行く 水戸 偕楽園でチョーシに乗る | トップページ | サッサン、イバラキヘ行く ひたちなか 女子バレーボールを観にいく »

のぶ記」カテゴリの記事