« サッサン、関西へ行く 神戸 JR三ノ宮駅で待ち合わせをする | トップページ | サッサン、関西へ行く 神戸 ロープウェイの管理事務所フロアに着く »

2016年4月 3日 (日)

サッサン、関西へ行く 神戸 ザ・リアルマッコイズの前を通り過ぎる

Pa0_0419
ッサン。生田さん。(生田神社)

^--

波照間で出会った彼女と、神戸・三ノ宮で再会した私は、

彼女の歩くのにまかせて、高架下の商店街を歩いていく。

^--

「ザ・リアルマッコイズ」のまえを通り過ぎるとき、

90年代後半?グリマーズ連中(エディ兄とベース氏)の大好きだった話、

「ジョーマッコイの歴史」を彼女に話したい衝動に駆られるも

彼女は、すいすい歩いていく、私はあとをついていく。

^--

さて。

会ったはいいが、結局、ノープランで、

私たちは、これから、なにをするのだろう。

高架下商店街を抜け、なんとなく坂の上のほうへ歩いているうちに、

そこに生田神社がある。

^--

よくわかんないけど、とりあえず、お参りでもする?、

ということで、まず手水をすることにする。

以前、ふらり立ち寄った靖国神社でひとり、練習(?)してた

おれの「クール手水」(キムタクみたいにクールな所作でおこなう手水)を、

人前で披露するときが、ついにやってきた!

^--

も、やっぱり、うまくいかない。おろおろ。

てか、作法、すっかりわすれちゃった。

濡れた手に、波照間で出会った彼女が、

「はいどうぞ、」とハンドタオルを貸してくれる。

^--

ほんとうは、高校生のときから私はいつだってハンカチをもって歩く男であり、

このときも私のジーンズのポケットにはハンカチがたしかに入っているのだが、

なかったことにする。

「おっ、ありがとう。」と言って、彼女からハンドタオルを受け取る。

ハンカチを持ち歩く私は、そういうヘンな機転の利くおとこでもある。

^--

^--

午後二時

赤いじゅうたんのうえを、

紋付袴・白無垢の新郎新婦が、しずしずとやってきて、

私たちの前を、ゆっくりと通り過ぎていく。

^--

三月の晴れた土曜日の午後。

神前式の、笙が生演奏されて、空気がぽわ~んとしていく

空は青く、

生田神社の柱は赤い。

^--

^--

「あ、小銭がない、」

波照間で出会った彼女と私のぶん、

「まとめといて、」と

さい銭箱に、銀色の50円玉を投げ入れる。

^--

(のぶ)

« サッサン、関西へ行く 神戸 JR三ノ宮駅で待ち合わせをする | トップページ | サッサン、関西へ行く 神戸 ロープウェイの管理事務所フロアに着く »

のぶ記」カテゴリの記事