« サッサン、関西へ行く 神戸 波照間で出会った彼女からプレゼントをもらう | トップページ | 田崎真也ワインサロンで、ぬれた犬の毛の香りを知る »

2016年4月13日 (水)

ブライアン・ウィルソンのうたう『神さましか知らない』を聴き、神戸にメールを送る

^--

東京 有楽町(東京国際フォーラム)

ブライアン・ウィルソン「ペットサウンズ50周年ライブ」に行ってきました。

うつくしいものにふれて、はらはらと涙がながれる。

すばらしいライブ。すばらしい体験でした。

^--

^--

いかなるときにも きみを愛するとは、

言い切れないかもね。

でも、見上げる空に星がある限り

ぼくの想いを疑う必要はないんだよ。

時が来れば、きみにもそれがわかるだろう。


きみのいない ぼくの人生がどんなものか、

それは神さましか知らない


もし きみがどこかに去っても

人生はつづくかもね。でもそれでは、

この世界がぼくに示せるものなど何ひとつない。

そんな人生に、なんの値打ちがあるだろう。


きみのいない ぼくの人生がどんなものか、

それは神さましか知らない



『God only knows』
(村上春樹の訳)

「God only knows] ビーチボーイズ youtube

https://www.youtube.com/watch?v=EkPy18xW1j8

^--

^--

帰りの電車

波照間で出会った彼女にメールしよう。

ブライアンのうたう、『神さましか知らない』を聴いて、

そのうつくしさに、私がいかに泣いて泣いて泣いたか。

それを伝えたくって、この歌詞をおくる。

^--

^--

メールありがとう

でも泣きすぎ

スマイルキャンディ忘れたね

でも今日はいいか

^--

^--

神戸から、そんなメールが届く。

素敵じゃないか。

いい夜です。

^--

^--

(のぶ)

« サッサン、関西へ行く 神戸 波照間で出会った彼女からプレゼントをもらう | トップページ | 田崎真也ワインサロンで、ぬれた犬の毛の香りを知る »

のぶ記」カテゴリの記事