« 高校野球を観ながら、おじいちゃんと生きることについて話す | トップページ | 高校野球を観にいく、おじいちゃんに声をかけられる »

2016年4月28日 (木)

ボブ・ディランのライブに行き、菅野ヘッケルさんとお話させていただく

^--

ボブ・ディランのライブに行ってきました。

(日本ツアー最終日。パシフィコ横浜)

^--

ライブ後、タバコを吸いに行ったエディ兄が、

「おい!いま、ヘッケルひとりでタバコ吸ってるぜ!

おまえ、はやく行ってきな、」と

興奮した声で、私に言ってきます。

^--

注:菅野ヘッケル氏

日本におけるボブ・ディラン研究の第一人者。

ディランCD、日本盤のライナーノーツには、必ず菅野ヘッケル氏の解説が入ります。

^--

^--

なるほど、ガラス張りのタバコルームに、

私の敬愛する菅野ヘッケル氏が、ちょうどひとりで、おられる。

これは話しかける絶好のチャンスだ。

でも、よく似てる他人だったら、どうしよう。

そもそも、なんて話しかけたらいいんだろう。

緊張する、。

^--

勇気を出して、

タバコも吸わない私が、紫煙まみれるタバコルームの扉を開ける。

ヘッケル氏に近づいていき、話しかける。

^--

^--

「毎回、ライブレポート、たのしみにしてました。

すごくよかったです。ありがとうございました。」

みたいなことを、敬愛するヘッケル氏に、私はおどおど言って、

ひととおり、お礼を述べた後、もっと話をしたくなって、

^--

「今夜、いいライブでしたね、」と私が言うと、

「うん、今夜、よかったね。

でも。今夜で終わりかとおもうと、さびしいよね…、」

とつぜん、ヘッケル氏がほんとうにさびしそうに語り出したので、

私はびっくりした。

^--

ヘッケル氏は、もはや目の前の私というよりも、

まるで、自分自身に向けて話しているかのようで、

なんだか私は、置いてきぼりにされている気がした。

でも、「あ、このコミュニケーション、おもしろい。」と私はおもった。

^--

ヘッケル氏は、ディランの日本ツアーが終わってしまって、いま、ほんとうにさびしい気持ちなのだ。

なんて、ありのままのヘッケル氏なんだろう。すてきだ。

私なんか気にせず、どんどんヘッケル氏の、いま、言いたいこと、溢れる思いを話してほしい。

コミュニケーションになってない。それでいい。突っ走れ!

なんか、私は感動した。

^--

^--

(のぶ)

^--

ちなみに。

ヘッケル氏によるツアー最終日のライブレポートがこちらです。

http://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/info/467638

レポート後半、「forever young」と書かれたあとの追記で、私のことが書いてあります。

ウソです。(でも、ちょっとだけ、ほんと)

« 高校野球を観ながら、おじいちゃんと生きることについて話す | トップページ | 高校野球を観にいく、おじいちゃんに声をかけられる »

のぶ記」カテゴリの記事