« サッサン、タワレコでいろいろ試聴し、自分を励ます | トップページ | サッサン、福山雅治主演 『ラブソング』を観る »

2016年5月27日 (金)

サッサン、MIYAKE ISSEY展で、自分を励ます

^--

イッセイミヤケの展覧会を観たあと、

「自分も、なにか、つくりたくなった、」

多くの来場者がそんな感想を言っている、と

新聞に載っていた。

^--

ほんとかよ。

イッセイミヤケの展覧会に行ってきました。

^--

「自分も、なにか、つくりたくなった、」となりたい。

いま、すんなりと、カチッと、私にもクリエイティブスイッチが入ってくれるなら。

いつまでたってもなんにも出来ない私は

そんなありがたいことはない。

国立新美術館、六本木に向かいました。

^--

^--

三宅一生、すごいなあ。えらいなあ。

いろんなことに好奇心をもって(だからスタイルが変わってゆく)

自分のやることをやる。ちゃんとやる。やりきる。

自分にしかできないことができている。(だから根本は変わらない)

^--

われながら、つまらない感想だな。でも、

芸術の王道は、すべてここに行き着くでしょう。

それくらい三宅一生はすごい。

^--

しかし

「イッセイミヤケすげ~」とおもいながら歩くばかりで、

「自分も、なにか、つくりたくなった」が

私はぜんぜん出てこない。

どこだ? どこだ?

館内を何べんも歩く、何度でも作品をみる、

「自分も、なにか、つくりたくなった、」は、どこにあるんだろう?

^--

「おまえ、もう、枯れてんじゃねえの?

てか、そもそも才能とか、あったんか?」

口の悪いエディ兄なら、そう言うだろうか。

そうかもしれない。

^--

どうでもいいけど

ファッション関係か、なに関係か、しらないが、

びっくりするぐらいきれいな女性が、館内にちらほらいる。

きれいで、おしゃれだから、存在自体が際立っていて、まぶしい。

イッセイミヤケはちょっとおいといて、

「すげ~いいおんなだ、」そんな彼女たちのことばかり見てしまう。

^--

「132 5.」というシリーズのイッセイミヤケのあたらしいドレスは

サイタマの結婚式でおしゃれ女子が着ていたら、やっぱりまだ浮いてヘンだろうが、

きりっとした顔立ちの女優がカンヌのパーティとかで着ていたら、もうばっちりかっこいいだろう。

てか、波照間で出会った彼女が着たら、けっこう似合いそうだな

ほんとかよ。ほんとだよ。

とかなんとか。

^--

^--

よる8時の閉館まで、

「自分も、なにか、つくりたくなった、」を探し続けた

美術館を出ると、金曜日の夜、にぎわう六本木のまち

♪なんにもなかったよ~♪、とテキトーに口ずさみながら、歩く。

あ、これは、作曲だよな、とおもった。

^--

^--

(のぶ)

« サッサン、タワレコでいろいろ試聴し、自分を励ます | トップページ | サッサン、福山雅治主演 『ラブソング』を観る »

のぶ記」カテゴリの記事