« ボブ・ディランのライブに行き、菅野ヘッケルさんとお話させていただく | トップページ | サッサン、タワレコでいろいろ試聴し、自分を励ます »

2016年5月 3日 (火)

高校野球を観にいく、おじいちゃんに声をかけられる

^--

「ねえ、サトウさん、だよねえ?」

おじいちゃんがわざわざ私の座席まで近づいてきて、声をかけてくれた。

^--

県大会2回戦。

県営球場、黄金週間のスタンド席は、

高校野球ファンでいっぱい。ほぼ満席のなかから

おじいちゃん(1回戦のとき、隣り合わせて仲良くなった)を見つけるのは絶対ムリ、と試合前から、あきらめていた。

^--

試合おわって、さて帰るか、かんがえてた私に

「ねえ、サトウさん、だよねえ?」

お、おじいちゃん。

バックネット裏で、私たちはやっと会うことができたのだった。

^--

きれいな女性に声をかけられたわけでもないのに、

うして、なかなか、うれしい。

相手は、ただのおじいちゃんだよ。

^--

「となり、空いてるけど。こっち来る?」

おじいちゃんが言うので、

ほんとうは、私はもう帰るつもりだったんだが、

ことしのセンバツに出場した、私立の強豪校が登場する

つぎの試合も観ていくことにした。

^--

^--

日は変わり、県大会3回戦。

地元の市民球場。

小ぶりのスタンドには朝から高校野球ファンがいっぱい。

試合前、私がバックネット裏に着くなり、

うしろのほうから、「サトウさんっ、」と声をかけられ、

おじいちゃんと私は、(座席は離れつつ)すぐに会うことができた。

^--

私たちが期待を寄せている、

背番号「11」の小柄なピッチャーが、この日の先発で、

おじいちゃんは一回裏がおわると、

「サトウさんっ、やっぱり、いいね~、11番っ、」

離れた席から、でっかい声で、声を掛けてくる。

^--

試合途中で、おじいちゃんの隣の席が空いたので、

「サトウさんっ、こっち空いたけど、来る?」

おじいちゃんが大きい声で声をかける。

満員のスタンドで、いちいち名前呼ばれて、はずかしいけど。

なんか、うれしい。

^--

^--

日は変わり、県大会4回戦。

県内最強を誇る、私立の超強豪校との準決勝。

さすが、県内屈指の人気チーム2校の登場とあって、

県営球場スタンドは高校野球ファンでいっぱい。超満員。

^--

でも、大丈夫。

前回、おじいちゃんとケータイの電話番号を交換したのだ。

さっそく、おじいちゃんに電話をかける。

「いま着きました。どこにいますか~?」、きょろきょろ見回しながら私は訊くと

「いま、駐車場に入るところです、渋滞してます、」とおじいちゃんは答える。

^--

私はバックネット裏の空いてる席を、なんとかみつけて、

おじいちゃんの席もとっておく。

おじいちゃんの分まで、試合前のシートノック練習をじっくり見ている。

^--

おじいちゃんから電話がかかってくる。

「いま、着きました。どこにいますか?」とおじいちゃん。

あ、いたいた。キョロキョロしてる。

「お~い、ここにいますよ~!」

私はでんわ口に話しながら、おじいちゃんに向って大きく手を振る。

^--

^--

(のぶ)

« ボブ・ディランのライブに行き、菅野ヘッケルさんとお話させていただく | トップページ | サッサン、タワレコでいろいろ試聴し、自分を励ます »

のぶ記」カテゴリの記事