« サッサン、お悔やみの文章を書く | トップページ | サッサン、浅草に、お笑いを観にいく »

2016年6月16日 (木)

サッサン、鎌倉へ行く

Pa0_0367
大仏さま&サッサン。

^--

北鎌倉の明月院には、

青いあじさいがいっぱい咲いている、ということを知って、

それは私のゆめなんじゃないか。

「ピザ、キャバクラ!」 (いざ、鎌倉!)

鎌倉へ行ってきました。

^--

北鎌倉、明月院。

いいところです。晩秋、もっと人の少ないときに、また行きたい。

北鎌倉の道を歩く。北鎌倉はなんかおしゃれ。

鶴岡八幡宮の石段はきもちよい。参道の老舗パン屋でパンを買う。

鎌倉はたのしい。

^--

大仏まで2キロくらい?歩いて行き

時間があったら長谷寺のあじさいも見よう

そのあとは由比ガ浜の砂浜で海を見て、ぼんやり

大好きな江ノ電に乗って江ノ島へ、

江ノ島から湘南モノレールというのに乗って大船へ

夜は、大船のまちの銭湯に入っていこう。

盛ったね。うん、いいプランだ。かんがえながら参道を歩いていると

^--

「サッサン?」

と声をかけられる。

サイタマから遠く離れた神奈川県、鎌倉で「サッサン」と呼ばれることは、ゼッタイありえない。

何かの聞き間違いだと私は確かにおもった。一応、声の掛かったほうに顔を向ける。

目の前に

いま、シンガポールにいるはずの私の旧友がそこにいる。

けど、数秒は、

状況が飲み込めず、自分のみているものに焦点が合わない。現実感をかんじない。

^--

「サッサン、こんなところで、なにやってんの?」

「いやいや。なんで、きみが、ここにいるんだよ?」

私たちはほんとうにびっくりして、おなじことを言い合う。

サイタマの私が鎌倉に行くなんて、一年に一度もない、

そもそも、きみはいつシンガポールから日本に帰ってきて、

鎌倉で、なにやってんだ?

なんで、おれたちは、会うんだ?

^--

私たちは、ちょっとありえない偶然に、ひさしぶりに再会したたのしさよりかは

なんというか、そわそわして、なんか落ち着かないヘンな感じである。

会いたくなかったわけではない。なんというか、突然すぎて、チャンネルがまだ合ってない感じ。

なにか運命的なものをかんじるけど、男同士でそんなこと言い合っても、ばかみたいだから、言わない。

^--

だからこそ、

私たちが、いま、鎌倉にいる、ここにいたるまでの、

いろんなはなしが、おもしろおかしく、ていねいに話されるべきだが、

そこに、

おみやげ屋から、マレーシア人の彼女が戻ってきて、

ますます状況が混沌としていく。

^--

もうなにがなんだか、私たちはわからない。

旧友は、日本語がわからないマレーシア人の彼女に、

英語を使って「彼は高校時代のともだちだよ」みたいなことを教えているが、

なぜおみやげ屋から戻ったら、だんなさんのそばに、

高校時代からの旧友がいるのか、彼女はわけがわからない。

って、きみ、結婚したんだ。

私だって、この状況がまだ全然、処理しきれていないのだ。

^--

「おれのことは、あとで彼女にちゃんと説明しといて、」と私は旧友に言い、

これからすぐに鎌倉をあとにしなければならない、という彼らといっしょに鎌倉駅へと歩きながら、

近況を手短に報告しあう。

^--

「だから、なんで、サッサン、鎌倉にいるの?」

「青いあじさいがすごいんだよ。明月院。北鎌倉の、」と

私は答える。

「ん?長谷寺のあじさいじゃないの?」と旧友は言い、

長谷寺は、すごい混みようで、入場に1時間待たされた、と言う。

「明月院も混んでたけど、入場制限はなかったよ。」と私は応える。

^--

私たちがいま話すべきことは、

どこの寺のあじさいが何色か、どこの寺が混んでるか、

そんなことじゃないはずだが、

どうしてこんなときに、私たちはどうでもいいことばかり話してしまうのだろう。

^--

「音楽のほうは、どう?」

「あんまりうまくいってない。」と私は答える。

もう一年以上新曲が出来ないんだ、もっと正直に言おうかとおもったが、やめた。

むかしは、この旧友と久しぶりに会うと、

アミューズ(大手芸能事務所)がどうの、フジロック(大型夏フェス)がどうの、関西(大盛り上がり)がどうの、とか、

威勢のいい話ばかりしていたなあ、と一瞬おもった。

^--

鎌倉駅の改札口で、

もう日本にはもどってこない、むこうでずっと暮らしてく

と旧友が言う。

なんで、こんなところで私たちは別れをしているのだろう。

じゃあ、おれがシンガポールに遊びに行くよ、と私は言って

ふたりと握手した。

^--

シンガポールに永住することにした私の大の親友が、

マレーシア人の奥さんと自動改札を抜けていく。

なんで私は鎌倉なんかで彼らを見送っているんだろう。

まったく、なにがなんだか、わからない。

^--

^--

(のぶ)

« サッサン、お悔やみの文章を書く | トップページ | サッサン、浅草に、お笑いを観にいく »

のぶ記」カテゴリの記事