« サッサン、高校野球観戦で女子高生と話す | トップページ | サッサン、九州へ行く »

2016年8月30日 (火)

サッサン、自画自賛してみる

Pa0_0700
泥サッサン。地元の泥まつり

^--

^--

トイレですわってぼんやり

^--

♪空気が読めずゴメン

はやく おまえを 独り占めしたいため♪

わかるか? おれには おまえしかいない

泣いて 泣いて 泣きじゃくる 毎日♪

^--

ふと、ラップし始めて、

トイレでそのままラップし続ける。

(表現力ゆたかに、手もうごかす)

^--

久しぶりラップ。

いまもなお、歌詞がするする出てきたのにもおどろいたが

出だし1行のインパクト、やっぱりすごい。

「空気が読めずゴメン」

これは、すばらしいね。

これこそ、ラブソングじゃないか。

^--

って、

『ぽんぽんいたいの』(グリマーズ連)

私が昔つくった曲を自画自賛しているわけですが、

な~んにも出来ないときは、

こうやって、自分を励ますことも大事です。

^--

^--

小泉今日子が文章を書くとき、

「出だし一行が決まれば、あとはすんなりいく、」

みたいなことを言っていたような気がして

それは私の聞き間違いだったかもしれないが、

とにかくそんな気がしていて、

「KYON2が、えっらそうに、」とおもった記憶が確かだ

でも、小泉今日子の言うことはわかる。たしかに。

^--

^--

古いガラケーの私が、タブレット端末というのを借りて、

東京の街で使ってみました。

用事が済み、ヒマだから、

ふと、「泥ブログ」と検索して、

新宿の雑踏のなかで立ったまんま、

過去記事をなんとなく読みはじめる。

^--

泥ブログ、おもしろ~い。

沖縄とか、関西とか、とまらないよ。

30分くらい、突っ立ったまま、

ニヤニヤして、むかし自分で書いた記事を

次から次へと読みつづけた。

^--

泥ブログ。ずいぶん自分のことを書いてるけれど、

なんというか、私の文章、内容が、

おもったよりも、甘ったれてない、弱くはない。

私を取り巻いている、東京の雑踏のパワーに負けてないじゃん、とおもった。

だいじょうぶ。

泥ブログ、けっこうおもしろいよ。

^--

^--

うたをつくるため、

私はまだ生きているとおもう。

私は自分がなにをつくるべきか

地味に、その輪郭に近づいてるとはおもうけど、

でも、いまも、な~んにもできない。

^--

もう涸れてしまったのだろうか

もうなんにも出てこないのだろうか

もう終わってるのだろうか

^--

出だし一行

きっかけ

あるとき、それが私を、こつん、とたたいて、

ドバドバドバっと、うたがあふれ出てくる、とおもってる。

私はそのとき、ちゃんとうたができるように

ふざけた人生をおくりつづけて待っているのだ。辛抱強く。

ほんとかよ。(ホント)

^--

ああっ!

九州に行って来ます!

ほんとかよ。(ホント)

^--

(のぶ)

« サッサン、高校野球観戦で女子高生と話す | トップページ | サッサン、九州へ行く »

のぶ記」カテゴリの記事