« サッサン、五島のマダムにやさしくされる | トップページ | サッサン、教会で、競艇好きのおやじさんにやさしくされる »

2016年9月 7日 (水)

サッサン、ミスターストイック2、かくれキリシタンの教会へ歩く

Pa0_0033
あ、教会だ!という瞬間。

^--

^--

大型で勢力が非常に強い台風が

鹿児島の南、屋久島付近にきたせいで、

九州の天気が悪くなっています。

^--

五島列島の下、福江島からフェリーにのって、

五島列島の上、中通島にやってきました。

路線バスにのって、島の南部から北部へ移動しているうちに、

雨がばしゃばしゃ降ってきました。

^--

北部の有川港というところに着き、

さて、どうするか。

いろいろ調べた結果、

島のはずれに、ぽつんと建つ、かくれキリシタンの教会は

いちばん近いバス停から、

ばしゃばしゃ降る雨の中、山道を5キロ以上は歩かなければ着かない、という

ミスターストイックの私がのぞむ「状況」がありました。

最高です。

^--

^--

バス停を降りると、

もはや傘が意味をなさない、海からの強い風が吹いてる。

熊本でボランティアするために用意してきた

「汚れてもいい服装」(防水加工なし)になって、傘も差さずに歩き出します。

^--

台風が近づく、こんなときに出歩いているひとなんて誰もいない

もそも民家すらない海岸と山の道を、

たったひとり、雨に濡れて、歩いていきます。

^--

ほんとうに、クルマ一台通らない。誰もいない。

かくれキリシタンとか、サッサン、

世界から見放されてしまったものたちが

時を超え、雨降る、この、さいはての道を歩いていく。

^--

ああ、なんか、状況が最高すぎる。

私は興奮して、ずいぶんハイになっていて(なにもやってません)、

こんなめんどくさいことをはじめた自分が、なんていいことをしたんだろうとおもう。

^--

途中に、中通島と離れ小島をつなぐ長い大きな橋が架かっていて、

橋の上を強い風が吹きつけています。

眼下の海はめちゃくちゃ荒れていて、潮の流れがめちゃくちゃ速い。

落ちたら死ぬな。こわいなあ、とおもう。

^--

橋を越えると山道で、急坂をずうっと登り続ける。

ここにきて、たまに、ゾクゾクッと寒気がするのは気のせいか。

「かくれキリシタンの精霊が、ミスターストイックのおれを迎え入れているっ!」とか

自分でもわけのわからないことをかんがえて、にやにやしている。ばかだ。

^--

それにしても、かくれキリシタンはすごい。

よくも、こんなところまで、のがれてきたものだ。

あの、潮のめちゃくちゃ速い海峡を、ちいさな舟で渡り、

山のなか、道なき道をかきわけて、

「まさか、あんなところにキリシタンはいないだろう、」という

幕府の役人の考えの、さらに上をいかなければ

おのれの信仰はまもれない。

気合いがちがうよ、とおもう。

^--

^--

教会への道を示す標識があらわれて、

登り続けた山道を、こんどは下っていく。

^--

私はキリスト信者でもなんでもない、ただの天然パーマだけど、

山のかなた、はるか下方に、

教会の屋根が、はっ!とみえた

あの瞬間は、

ちょっと感動したな。

^--

^--

(のぶ)

« サッサン、五島のマダムにやさしくされる | トップページ | サッサン、教会で、競艇好きのおやじさんにやさしくされる »

のぶ記」カテゴリの記事