« サッサン、山形へ行く | トップページ | サッサン、山形県 村山のそばを食べに行く »

2016年9月20日 (火)

サッサン、山形の伯母の家で、りゅうちぇるをかばう

Pa0_0121
おみやげの沖縄マンゴーを切り分ける。

^--

路線バスから降りると、

マジまっくらな夜道を、懐中ライト点けて歩く。

屋久島とか、最近、こんなことばっかりやってるな。

いいとおもう。

^--

よる7時

高齢の伯母さんがひとりで暮らすうちにたどり着いた私は、

伯母さんのつくったおいしい山形料理を食べ、おいしい地酒を飲み、

^--

サイタマからのぶくんがやってきた、ということで、あつまってくれた

おばあちゃん連(私にとってはふたりの伯母さん)と

おみやげの苺ショートケーキを、おいしく食べる。

^--

テレビに映る「りゅうちぇる」をみながら、

「こげなおとこ~、ヤだな、」「、ンダ。」

そう言い合う、おばあちゃん連だが、

「西新宿で、このおとこが歩いているの見たけど、

ふだんはふつうだったよ、」と私が話すと、

「、ンダか。」とおばあちゃん連は、おとなしく言う。

^--

なんだか、オネエみたいなりゅうちぇるを、

私がかばった格好にもなり、

私はいつまでたっても結婚の報告もしないし、

「のぶくんハ、おなごサ、好きでネエの?」

などと、おもわれちゃってるかなあ、と一瞬おもう

^--

東北のおばあちゃん連は、おおらかで、でも、慎み深く、

空気を読みすぎるくらい読み、立ち入ったことは訊かない。

だから、私は、おばあちゃん連のあたまのなかで、

どういうことになってるんだろう

東北の闇は、ふかい。

^--

^--

(のぶ)

« サッサン、山形へ行く | トップページ | サッサン、山形県 村山のそばを食べに行く »

のぶ記」カテゴリの記事