« サッサン、知床斜里で、生きのびる | トップページ | サッサン、旭川でラーメンを食べ、ズバリ言うわよ! »

2016年10月17日 (月)

サッサン、JR石北線で、時代劇みたいな旅人たち

Pa0_0382

JR石北線 中愛別駅。

^--

^--

網走から旭川をつなぐ、JR石北線。

北見駅で、特別快速「きたみ」に乗り換えます

^--

去年9月、JR石北線に乗ったときは

なんだか山ばっかりだなあ、寝てた。

でも、ことしは、ちょうど紅葉のタイミング

紅葉って、ちょうきれいですよね。

^--

遠軽あたりは、青い空に、紅葉が赤や黄色

旭川に近づくにつれ、標高が上がり、白と黒、灰色

雪が降り、どんより雪景色 (写真)

同じ一本の電車で、ドラマチック石北線

すごいたのしい。TDL超えた!

^--

^--

停車のたびに、わざわざ車両の外に出て

駅の風景や車両の写真を撮りにいく物好きは

私と、もうひとりの鉄道ファンの男性くらいなものである。

^--

私は、泥ブログ更新やメール送信という、重大な?使命のもと

ケータイでピコリンピコリン、写真を撮るが

鉄道ファン男性は立派過ぎるカメラで、カシャリ、カシャリ

きみはなんのために写真を撮るのだろう?

きみもやっぱり、私のような重大な?使命を抱えているのかな?

^--

私とその鉄道ファン男性とは、釧路から、なんとなく同じ旅程をたどっており

どこかで別れても、次の日、また同じ電車に乗ってたりする。

諸国を巡る時代劇みたいに、私たちはなぜか次のまちでばったり出逢う。

電車旅をしていると、実際にそういうことがよくある。

^--

そのうち、「どうも。」「あ、どーも。」と

会えば、小さくあいさつをするようになっていて、

少し話したところ、最終目的地は、同じであることがわかった。

^--

「あ。やっぱり、いっしょでしたか!」と

鉄道ファン男性は、私に向かって言う。

「やっぱり」?

私もすっかり同類(鉄道ファン)にみえているらしい。

全然そんなことないんだけど。

^--

同じ道のりで、仲良くなってきたからといって

となりの席にすわって、鉄道談義に花を咲かせるわけでもない。

きっと鉄道ファン男性はそれを望んではいないだろうし。

^--

「乗り鉄」は、「車窓の風景を味わい尽くす」ことが目的である。

知った仲が、同じ車両に乗っていても、あくまで別々にすわり、

それぞれ、「自分の車窓」をながめて、ぼんやり(うっとり)しているものだ。

^--

--

私はおもうのだが

もし大好きな女の子と鉄道の旅をしたら

いまや、すっかり「乗り鉄」の私は

この車窓もんだいを、どうするのだろうか?

やっぱり、彼女とは別々に座り

それぞれの「自分の車窓」をながめて、ぼんやりするのだろうか?

^--

そんなばかな。

彼女に窓側に座ってもらい

私は彼女のとなり、通路側の座席で

車窓をぼんやりながめる彼女の横顔をみつめる。

車窓なんかどうだっていい。あなたがすきなんだ。

^--

ほんとかよ。

^--

^--

(のぶ)

« サッサン、知床斜里で、生きのびる | トップページ | サッサン、旭川でラーメンを食べ、ズバリ言うわよ! »

のぶ記」カテゴリの記事