« サッサン、JR花咲線でヤンキー家族に感謝する | トップページ | サッサン、知床斜里で猛吹雪、死ぬかとおもった »

2016年10月14日 (金)

サッサン、JR釧網線で、日ハム、レアード選手の話をしていた

Pa0_0341

釧路駅。なつかしの、たらこ電車。

^--

^--

去年、

JR釧網線(釧路~網走)に乗ったときは、

もう日暮れて。車窓はまっくらで夜汽車

名物、釧路湿原なんて、なんにも見えない。

^--

私はボックス席でいっしょになった、

大昔のアイヌ人のような、濃い顔で、りっぱなひげを生やしたおやじさんと、なかよくなって、

日ハム、のはなしをしていた。

^--

湿原の車窓をすっごいたのしみにしていた釧網線、初乗車であったが、

日ハムのブランドン・レアード選手はいかにすごいか、

日本ハムファイターズは、いかに良い外国人選手を獲ったか、

大昔のアイヌ人のようなおやじさんが、つばを飛ばして、熱っぽく話すのに、

ジャイアンツファンの私は、へぇ~、ふ~ん、とか言ってる。

^--

^--

今年、

マサさんと根室で、せわしく別れた私は

つまり、明るいうちに釧網線に乗りたかった。

こんどこそ、ゆめの釧路湿原の車窓をながめたい。

^--

JR釧網線も、相当ゆめみたいな車窓です。

でも、やっぱり、私はJR花咲線がすき。

厚岸湖のあたりの湿原の車窓は

水に浮いてる。ゆめすぎる。

^--

ていうか、花咲線の終着、

根室にいけば、マサさんや漁師の親方と会える。

だから花咲線がすき。だんだんわかってきた。

^--

^--

そこになにがあるか、ということよりも

そこに誰がいるか、ということのほうが

たいせつなことであるのかもしれなかった

^--

釧路湿原の車窓について書いていくことよりも、

日ハムのブランドン・レアード選手のことを熱っぽく話す

大昔のアイヌ人のようなおやじさんと出逢ったことを書いているほうが

やっぱり、たのしい。

^--

^--

(のぶ)

« サッサン、JR花咲線でヤンキー家族に感謝する | トップページ | サッサン、知床斜里で猛吹雪、死ぬかとおもった »

のぶ記」カテゴリの記事