« サッサン、根室駅で、おじいちゃんと再会する | トップページ | サッサン、根室港で、魚釣りをする »

2016年10月 7日 (金)

サッサン、根室、納沙布岬から北方領土をみつめる

Pa0_0295

ノサップ岬のドライブ。なにもない原野。かっこいい。

^--

^--

ノサップ岬の展望台にあがった

マサさん、奥さん、そして私は、

3人して、望遠鏡をのぞきこんで、

北方領土をみている。

^--

「見えるか?」

「きょうは、見えないね、」

望遠鏡をのぞきこんだまま、

そんな会話を交わしているマサさん夫婦は、かわいい。

^--

マサさん83歳、奥さん78歳。

はなし好きなマサさんがよくしゃべり、

奥さんがひとこと言って、話に展開をもたせる、

そんな夫婦だからか、みていて、仲がいい。

^--

「(ノサップ岬に)ふたり揃って来たのなんて、何年ぶりかねえ、」

奥さんは言い、

「10年ぶりくらい?」と、私が訊くと

「いや、それ以上だね、」とマサさんが答える。

^--

「来れてよかったねえ、」

夫婦ふたりしてそう言っているので、

私が、きっかけで、そうなったなら、うれしい。

^--

^--

私は、きっかけ、きっかけ、と

いつか歌詞がドバーッとあふれ出てくる

「きっかけ」をさがして、

あちこち、ふらふらしているけれど、

^--

そういえば、自分の存在や行動が、

なにかのきっかけになる、ということを、

かんがえたことがなかったな。

^--

^--

「ロシア人、いる?」

日本領ではないらしい、近くの島に、小屋がある。

小屋からひとが出てこないかな、と

望遠鏡で、じっとみつめている。

^--

望遠鏡で、島にロシア人がいるのを見ることが、

なぜ、こんなにも待ち遠しくおもえるのだろう。

ロシア人なんて、根室のまちに、ふつうにいるのに。

^--

「国境」というのは、なかなか、奥が深い。

私たちは、望遠鏡を、じっとみつめる。

^--

^--

(のぶ)

« サッサン、根室駅で、おじいちゃんと再会する | トップページ | サッサン、根室港で、魚釣りをする »

のぶ記」カテゴリの記事