« サッサン、増毛、甘エビは初々しい彼女にとろける | トップページ | サッサン、15年ぶりの便りをもらう »

2016年10月26日 (水)

サッサン、増毛、シャケの遡上は、いのちがけ

Pa0_0428

シャケの遡上。

^--

^--

増毛の観光マップによると、

町外れの川に、

シャケが遡上しているのがみられるかも、とある。

^--

^--

河川敷の土手をおりると、

カラスやかもめがいっぱいいる。こわい。

なんか、岸辺に、死の気配がただよっている。

^--

あ。水面にシャケの魚影がみえる。

よくみると、水中に、けっこういる。

もうからだは傷だらけで、白っぽくなり、

遡上をするちからは残っていないみたいだ。

^--

うまくいったあとなのか

うまくいってないままなのか

あたまは上流に向かい、流れに逆らって泳いでいる、

ということは、まだ旅の途中で、

本懐を成し遂げていないのかもしれない。

^--

力尽きて、岸辺で鳥たちの餌食となったシャケもいる

水中にいるシャケたちも、もうじき死ぬだろう

ぜんぶ、いのちがけ。

^--

この岸辺には死の気配がただよっているが

ビンビンかんじてくるのは、むしろ、

シャケたちが燃え尽きるまで生きたあかし

いのちがけのすがただ。

^--

^--

2016年秋 北海道の旅 編 おわり。

^--

^--

(のぶ)

« サッサン、増毛、甘エビは初々しい彼女にとろける | トップページ | サッサン、15年ぶりの便りをもらう »

のぶ記」カテゴリの記事