« サッサン、和歌山 紀伊田辺、朝のはじまりボブディラン | トップページ

2017年7月15日 (土)

サッサン、新曲完成『夏はこれから』、愛するボブディラン

Pa0_0218
新曲完成。ウイスキーで乾杯

^--

^--

これは有名なはなしですが

ボブディランが 停滞してたころも詞は書きためていて

それを、U2のボノ(ダニエルラノワだったっけ?)に見せて

「この詞はレコードにする価値があるだろうか?」

と訊いた そんなエピソードがあって

わたしはその話が大好き

^--

そんなわたしは いま

とにかく歌詞をつくっています

あたらしい曲が 3月以来、三ヶ月かけてようやくできました

この歌詞はレコードにする価値があるだろうか

^--

^--

工業団地

終業のサイレンが

まだ明るい空に鳴り響く


^--

よし。 いい出だしだ

そのむかし 船橋の工業団地で

はたらき終えたときにかんじた 大きな開放感

あのときのシーン (かもしれない)

^--

TOKIOの新曲が こんな出だしの歌詞だったら

わたしはおどろき 嫉妬するだろう

ボーカル長瀬智也 ぶっきらぼうなあの歌声で

歌い出し 「工業っ団~地~♪」

^--

うん。けっこう いいんじゃないか

メンバー衣装にクロネコ作業服 (これは冗談)

男たちのバンドTOKIOにとって大事な一曲となるだろう (これは本気)

まあ いいや (いいのか)

^--

^--

わたしは愛するボブディランが

「工業団地」なんて歌詞を書くか わからない

そんな歌詞があったら いいうたになるに決まってる

^--

^--

『EARLY SUMMER DAY~夏はこれから』


工業団地

終業のサイレンが

まだ明るい空に鳴り響く


今夜 おまえに会う約束があることが

もう ずっと たのしい


夜は これから

^--

^--

(のぶ)

« サッサン、和歌山 紀伊田辺、朝のはじまりボブディラン | トップページ

のぶ記」カテゴリの記事